「四月は君の嘘」感動的な演奏の裏に隠された、公生の切ない想い

 

 

渡が好きだと言っていたかをり。

だから自分の気持ちに蓋をしていた。

どうしたらいいか分からない状況を

脱することができる?

「四月は君の嘘」は新川直司さんの作品で月刊少年マガジンで2015年3月まで連載されていました。

単行本は全11巻まで発売されています。

2013年には講談社漫画賞少年部門賞を受賞し、2016年には山崎賢人さんと広瀬すずさんが主演で映画化されました。

  • 四月は君の嘘の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「四月は君の嘘」公生がある人との出会いで再びピアノを弾く?

「四月は君の嘘」かをりの存在が公生のピアノ人生を変える?

「四月は君の嘘」ピアノに込めた母への想いがようやく実を結ぶ?

「四月は君の嘘」母親の姿とかをりが重なってしまう公生の心理

「四月は君の嘘」病気に挑むかをりに力をくれた公生の演奏

「四月は君の嘘」内容はいよいよ佳境へ|かをりのある決断

「四月は君の嘘」ラストでようやくかをりの本音が語られる

  • 少年・青年漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「キングダム」歴史漫画が苦手でも楽しめる方法

「キングダム」作者の原泰久先生はどんな人なのか調べてみた

「キングダム」キャラクターの魅力から目が離せない!特徴を解説

「はたらく細胞」人気の理由は体の仕組みを楽しく勉強できる?

「はたらく細胞」かわいいキャラランキングを発表!

「はたらく細胞」シリーズが結構シュールだけど面白いって本当?

「はたらく細胞 」がん細胞が体を襲う?危機から脱出する方法

「スラムダンク」新装再編版が気になる!通常版と内容は違うの?

「スラムダンク」桜木花道バスケ部に入った理由がかなり軽かった

「スラムダンク」県大会は最大の下剋上!強豪校勢揃いでピンチ?

「スラムダンク」陵南戦で見せた、小暮くん三年間の意地

「スラムダンク」安西先生が流川に伝えたかった過去の失敗

「スラムダンク」インターハイまでに花道は救世主になれるか?

「スラムダンク」豊玉Aランク湘北Cランク・・総合評価を覆せる?

「スラムダンク」湘北メンバー山王戦前日・・決意の夜

「スラムダンク」山王戦いよいよスタート!湘北に勝ち目はある?

「スラムダンク」山王怒涛の反撃に、湘北が花道に全てを託す?!

「スラムダンク」リバウンド王になった花道に悲劇が襲う

「スラムダンク」最後まで目が離せない展開に・・衝撃の結末

「忘却のサチコ」で俊吾が逃げた理由が判明?そのとき幸子は・・

「忘却のサチコ」人気の理由は真面目な性格のサチコに秘密あり

「忘却のサチコ」ドラマキャスト|気になる俊吾は意外なあの人

「忘却のサチコ」ドラマ第1話から幸子のコスプレが炸裂?

「忘却のサチコ」3話ドラマ|新人小林の登場にあの幸子が動揺?

「忘却のサチコ」5話ドラマ|同級生の再会で新たな恋の予感?

「忘却のサチコ」6話・7話ドラマ|俊吾と再会したけど・・

「忘却のサチコ」最終回ドラマ感想|俊吾登場に結末が読めない!

「山と食欲と私」表紙の下に隠された登山の秘密

「山と食欲と私」で山の魅力を鮎美のエピソードと共に詳しく解説

「山と食欲と私」料理も魅力のひとつ!疲れたときにしみる甘い物

「山と食欲と私」鮎美の職場で登山ブーム?数々のグルメが登場!

「インベスターZ」 が投資漫画として人気の理由

「インベスターZ」財前が学んだ喫茶店経営の極意がすごい!

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

「四月は君の嘘」は1度最後まで読んだあと再び読み直してみると、登場人物の感情の細かさが伝わってきます。

そしてかをりの強引な行動の意味や涙の訳をあらためて感じることが出来ます。

主人公の公生はいよいよピアノコンクールの出場を決意しますが、練習不足や母への呪縛からなかなか抜け出せません。

そんな苦悩な日々を支えてくれたのがかをりでした。

彼女を思う気持ちが公生を突き動かしていましたが、その先に待っていたものは何だったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

四月は君の嘘感動までに苦労があった

四月は君の嘘感動の再会を果たす

四月は君の嘘感動の側にはいつもかをりがいる

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

四月は君の嘘感動までに苦労があった

 

自分が求める音がでないまま、

日々過ぎていく中で、

公生の心境が徐々に変わってきた。

四月は君の嘘音もないまま演奏する決意

主人公の有馬公生は幼い頃から数々のピアノコンクールで優勝するほど実力はすごく、天才少年と呼ばれていました。

病気の母に喜んでもらいたくて厳しいレッスンにも耐えていましたが、ある演奏会で譜面通りに弾かなかった公生に母が激しく罵声します。

そして思わず・・

お前なんか死んじゃえばいいんだ

と言ってしまいます。

でもそれが母と交わした最後の言葉になり、それから容体が急変してあっけなく息をひきとります。

公生はその出来事がトラウマになり、ピアノの音が聞こえなくなりました。

ピアノから遠ざかった生活を送っていましたが、ヴァイオリニストのかをりと出会い演奏会で伴奏をします。

ところが、演奏中に母の幻を見てしまい、音符と音が消えてしまいました。

でもいままで母が教えてくれたものをすべて出し、演奏していると次第に集中力が研ぎ澄まされていきます。

そしてふたりの演奏に引き込まれていった会場の人々の心に深く記憶を刻む結果になりました。

四月は君の嘘かをりへの想いが積りはじめる

かをりの演奏会で公生がめちゃくちゃにした為、お詫びにピアノのコンクールに出て欲しいと頼みます。

するとかをりが無理やりコンクールに応募したので、断るという選択肢はなくなりました。

強制的に出るしかありませんが、ブランクが公生の背中にプレッシャーとしてのしかかります。

そしてピアノの音が聞こえないのに弾こうとする感情・苦しみから脱け出そうと、答えを探し続けるうちに寝る間も惜しんで夢中で模索します。

かをりはそんな公生の苦しみを知っているのに無責任に、

「ピアノを弾いて。」

と言ったことが引っかかっていました。

でも公生は、

僕の体に積もったホコリを払ってくれてありがとう。

と感謝の気持ちを伝えます。

ピアノが弾けなくなった公生が、前に進むためのきっかけを作ってれたかをりに、

心の中で

僕と出会ってくれてありがとう。

と呟きます。

お互いの想いが繋がりますね。

四月は君の嘘感動の再会を果たす

 

二年前の時間がようやく動き始めたけど、

ライバルの成長は、

計り知れないものがあった。

でも追いかけた背中は間違っていなかった。

四月は君の嘘恐怖を克服することが出来る?

公生がピアノと再び向き合っている間、昔彼にまったく敵わなかったライバルたちも2年と言う月日で大きく成長していました。

一人は相座武士そして井川絵美です。

練習に没頭しすぎて倒れるくらいフラフラの状態でしたが、いよいよコンクールが始まりました。

公生が演奏する前にライバルたちが先に出場しますが、ふたりとも評判以上に凄い演奏をします。

そんな彼や彼女を見て心が震え上がり、緊張状態のまま公生の番が来ました。

ステージに上がるとピアノの横には母の幻が浮かび上がります。

逃げ出したくなる気持ちが湧き上がりますが、そんな時にかをりが言った、

みんな怖いよ。

という言葉を思い出します。

そうです。

ピアノコンクールに出場している人や何かに向かって頑張っている人は一人でみんな戦っていますが、見守ってくれている人の存在がエネルギーに変わります。

ライバルたちも進め!と、念じるなかようやく公生の手が動きはじめます。

四月は君の嘘自分の演奏を見失う

それは2年前と変わらない完璧な彼の演奏でした。

音も指もスムーズに動くなか、ここまでは今までと同じだと彼自身思います。

すると再び母が耳元で囁く残像が見え始め、徐々にピアノの音が聞こえなくなります。

ペースが乱れ始めた演奏に会場はざわつきますが、公生の心は深海に飲み込まれていきそうでした。

今までなら逃げ出していたかもしれませんが、全神経をピアノに集中させ、全身で音をつかもうとします。

ところが急に顔を上げ、とうとう演奏を辞めてしまいました。

かをりの演奏会で伴奏をしたときと同じ状況です・・。

四月は君の嘘感動の側にはいつもかをりがいる

 

音に込めた想いは、

彼女の心に届いただろうか?

奏でるピアノは少し切なかった。

四月は君の嘘ずっと探していた答え

誰もが呆れ、諦めた時・・

かをりの笑顔の顔が浮かんできました。

アゲイン!

その言葉を思い出しどうにか弾き始めると、演奏をしている間かをりといままで交わした会話を思い出します。

そしてかをりがヴァイオリンの演奏会が終わったあとに、

誰のために弾きたい?

と公生に問いかけていました。

その答えがようやく出ます。

君のために弾こう、・・と。

四月は君の嘘感情と気持ちが湧き上がる

すると音が変わりはじめ、きらめきような輝きを見せます。

まるで公生が描く世界が浮かび上がるようでした。

会場はその世界に引き込まれていきますが、以前譜面通りだった彼が演奏しているとはにわか信じられません。

だって今までは感情を押し殺して演奏していましたから。

今はかをりを思い、切ない気持ちを音に変えていたのです。

演奏が終わると、会場全体戸惑いが隠せません。

徐々に拍手がおきますが、かなり賛否あるようです。

でも公生の顔は清々しいものでした。

かをりは涙を流して公生のやりきった顔を静かに見つめます。

ふと見ると階段横に母の幻が見えましたが、笑っていたように見えました。

ようやく母の面影から卒業できたのでしょうか?

更にステップアップを目指して頑張る公生の前に新たな困難が現れます。

そしてかをりの体調に陰りが?

公生とかをりの出会いはこちらの記事をご覧ください。

「四月は君の嘘」有馬公生がピアノを再び弾くことになった出会い

公生とかをりの関係の変化はこちらの記事をご覧ください。

「四月は君の嘘」かをりの存在が公生の感情を大きく動かす?

「四月は君の嘘」ピアノに込めた母への想いがようやく実を結ぶ

「四月は君の嘘」母親と重なってしまうかをりを受け止めれる?

かをりが生きる力を再び取り戻すきっかけになった公生の演奏はこちらの記事をご覧ください。

「四月は君の嘘」病気と立ち向かう力をかをりに与えた公生の演奏

前を向き始めたかをりの決心や、最高のピアノを弾こうとする公生の想いはこちらの記事をご覧ください。

「四月は君の嘘」内容が進むうちに分かった公生とかをりの決意

苦悩を乗り越え見えた景色の行き着いた先はこちらの記事をご覧ください。

「四月は君の嘘」ラストに待っていたもの|手紙に書かれた真実

四月は君の嘘のアニメと映画を見る


以上、

「四月は君の嘘」感動的な演奏の裏に隠された、公生の切ない想いでした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。