「山と食欲と私」で山の魅力を鮎美のエピソードと共に詳しく解説

 

 

山に登るということ。

苦しいけど

達成感が清々しい。

山と食欲と私は、信濃川日出雄さんの作品で新潮社のWEBサイト「くらげパンチ」で絶賛連載中です。

https://kuragebunch.com

2019年1月には9巻が発売されました。

  • 山と食欲と私の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「山と食欲と私」表紙の下に隠された登山の秘密

「山と食欲と私」料理も魅力のひとつ!疲れたときにしみる甘い物

「山と食欲と私」鮎美の職場で登山ブーム?数々のグルメが登場!

  • 少年・青年漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「キングダム」歴史漫画が苦手でも楽しめる方法

「キングダム」作者の原泰久先生はどんな人なのか調べてみた

「キングダム」キャラクターの魅力から目が離せない!特徴を解説

「はたらく細胞」人気の理由は体の仕組みを楽しく勉強できる?

「はたらく細胞」かわいいキャラランキングを発表!

「はたらく細胞」シリーズが結構シュールだけど面白いって本当?

「はたらく細胞 」がん細胞が体を襲う?危機から脱出する方法

「スラムダンク」新装再編版が気になる!通常版と内容は違うの?

「スラムダンク」桜木花道バスケ部に入った理由がかなり軽かった

「スラムダンク」県大会は最大の下剋上!強豪校勢揃いでピンチ?

「スラムダンク」陵南戦で見せた、小暮くん三年間の意地

「スラムダンク」安西先生が流川に伝えたかった過去の失敗

「スラムダンク」インターハイまでに花道は救世主になれるか?

「スラムダンク」豊玉Aランク湘北Cランク・・総合評価を覆せる?

「スラムダンク」湘北メンバー山王戦前日・・決意の夜

「スラムダンク」山王戦いよいよスタート!湘北に勝ち目はある?

「スラムダンク」山王怒涛の反撃に、湘北が花道に全てを託す?!

「スラムダンク」リバウンド王になった花道に悲劇が襲う

「スラムダンク」最後まで目が離せない展開に・・衝撃の結末

「インベスターZ」 が投資漫画として人気の理由

「インベスターZ」財前が学んだ喫茶店経営の極意がすごい!

「忘却のサチコ」で俊吾が逃げた理由が判明?そのとき幸子は・・

「忘却のサチコ」人気の理由は真面目な性格のサチコに秘密あり

「忘却のサチコ」ドラマキャスト|気になる俊吾は意外なあの人

「忘却のサチコ」ドラマ第1話から幸子のコスプレが炸裂?

「忘却のサチコ」3話ドラマ|新人小林の登場にあの幸子が動揺?

「忘却のサチコ」5話ドラマ|同級生の再会で新たな恋の予感?

「忘却のサチコ」6話・7話ドラマ|俊吾と再会したけど・・

「忘却のサチコ」最終回ドラマ感想|俊吾登場に結末が読めない!

「四月は君の嘘」公生がある人との出会いで再びピアノを弾く?

「四月は君の嘘」かをりの存在が公生のピアノ人生を変える?

「四月は君の嘘」感動的な演奏の裏に隠された、公生の切ない想い

「四月は君の嘘」ピアノに込めた母への想いがようやく実を結ぶ?

「四月は君の嘘」母親の姿とかをりが重なってしまう公生の心理

「四月は君の嘘」病気に挑むかをりに力をくれた公生の演奏

「四月は君の嘘」内容はいよいよ佳境へ|かをりのある決断

「四月は君の嘘」ラストでようやくかをりの本音が語られる

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

山と食欲と私では登山のことはもちろん、家でも作れそうな身近な食材や簡単に出来そうなグルメも見所です。

そして今後山登りにしたい人、今は全く興味がなくても役立つ情報が盛り沢山なので詳しく内容を見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

山と食欲と私で山を楽しむ鮎美が面白い

山と食欲と私で山グルメが見所の一つ

山と食欲と私で山の怖さも描かれている

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

山と食欲と私で山を楽しむ鮎美が面白い

 

一人で登ると心細い場面もある。

でも頂上で食べるおにぎりは、

超絶美味しい。

山と食欲と私でいまは山ガールと言わないで

山と食欲と私の主人公日々野鮎美は東京に住む27歳のいたって普通の女性ですが、実は彼女・・・休日になると山に1人で登っていたのです。

そして普段から登山に向けた食事管理や体づくりをして週末の山登りに向けた生活をしています。

そんな鮎美は数年前に流行った山ガールという言葉が大嫌いです。

女性を見ると一括りに「山ガール」と思っている男性・・・いますよね。

以前空前の山ブームがありましたが、その頃かなり山スカートやウェアーも普段着れそうな可愛いものがたくさん販売されていました。

今でもその影響で女性が山登り?

山ガール?と思う男性も正直多いと思います。

彼女もその1人でしたが、そこから今でも続けているということは・・・山に魅了された1人ですね。

鮎美は1人で登ることを基本としていますので自らを、

単独登山女子

と呼んでいます。

山と食欲と私で鮎美が山に登る時のルール

1人で登る鮎美は自分のペースを知っていました。

登山はジョギングや水泳と同じ有酸素運動なので、歩き始めが苦しいですが徐々に体が楽になります。

そんな彼女は自分の体を知り自分との呼吸に合わせて登ります。

登る前にはエネルギー源として朝ごはんを食べているので、貯めていたカロリーがどんどん燃焼されてく感じを実感しました。

人に合わせるわけでもなく自分だけのリズムで歩く事は最高に気持ちいいですが、いつも理想通りとはいきません。

週末になると人気の山では渋滞が起こることがあります。

そうなるとどうしても窮屈な状況になりますが、そんな時でも彼女流の楽しみ方があります。

前や後ろを歩く集団は、もちろん知らない人たちですが、自分もそのグループと一緒に歩いているつもりになったり、珍しい花を見つけて他の人たちにさりげなく知らせたり・・・。

そうやってどんなときでも柔軟に対応する鮎美はすごいですね。

そして最大の楽しみは頂上に待っていました。

山と食欲と私の山グルメが見所の一つ

 

日常でも食事の時間は楽しい。

でもロケーションが素敵だと、

より美味しい。

山と食欲と私で鮎美の山グルメが本格的?

登山では景色も楽しいですが、最大の魅力・・・それは頂上で食べるご飯が最高ということ。

途中で小休憩をしても、なかなか座ってゆっくりというわけにはいかないので、頂上ではきちんと食事をしたい鮎美なのでそこで待っているのはもちろん山グルメです。

周りを見渡すとほとんど手軽に食べていますが、鮎美は違います。

バーナーとガスを出し本格的な山グルメに見えるので、周りの男性が女性1人なのに・・・とざわつきますが、鮎美にとってはいつもしていることなので、気にせず続けます。

今回は少し高いウインナーを鍋に入れラーメンと一緒に茹でます。

そして最後に粉末スープを入れて完成!

豪快山食料理の定番、鍋で一緒に茹でる「欲張りウインナー麺」です。

絵なのになんて美味しそうなんでしょう。

ウインナーの「パシュッ」という音が、周りで見ていた男性たちを釘付けにします。

山で食べる食事は、ただのインスタントラーメンでも美味しく感じますよね。

そんな山グルメですが、山だけではなく普段の食事でも参考にできるものばかりです。

山と食欲と私のグルメが自宅で簡単にできる

山と食欲と私に出てくるグルメは簡単にできそうなものばかりです。

59話で鮎美は2017年中に標高2017mの山に登りたいと思い、早速東京にある雲取山へ向かいますが・・・

最短でも片道5時間半コースで、往復になるとかなり時間がかかりテントの装備が必要になるため今回はまず向かいの山を偵察することにしました。

というわけで、雲取山から南東20kmの浅間嶺(せんげんれい)に登ることに・・・

標高も903mなので早めに展望台に到着し、奥多摩周辺の名峰を堪能します。

今回の食事は自宅から持参した鳥肉をジップロックを取り出しクッカーで両面を焼きジップロックの中からドローンとした液も一緒に入れます。

その正体はヨーグルトでその中にはニンニクやしょうが、唐辛子など様々な調味料を入れています。

そしてインド風本格ヨーグルトカレーの出来上がりです。

5分から10分じっくり煮て最後にターメニックを入れておにぎりを盛りつければ完成です。

カルダモンのスパイシーな香りは虫除けにもなるので夏に食べると最適ですね。

栄養満点で夏バテにも効きそうですし。

私自身もカレー好きなので早速作ってみました。

酸味とスパイスのバランスが良くて本当に美味しかったです。

簡単にできるけど本格的に見えるレシピが盛りだくさんなので、一度自宅で練習してから山で試してもいいかもしれないです。

そして今回の話のようにいつか登る予定の山を見ながら食べる食事は格別だし、登る予定の山の姿を見ることはなかなかないのでこの作戦は面白いですね。

山と食欲と私で山の怖さも描かれている

 

登山は楽しいことも多いけど

楽しいことばかりではない。

危険と隣り合わせということを

知ることは大切だ。

山と食欲と私でもし山で迷子になったら?

山と食欲と私では景色やグルメのように、楽しいことばかりではないということがきちんと描かれています。

5話で鮎美は、とある山に登っていると登山ルートにあるはずもない沢を見つけます。

一瞬ボー然とし立ち止まりますが、ここで焦ってもどうしようもないので地図を見直します。

でも現在地がわかりません。

ここで鮎美は自然の音を聞きながら考えます。

そして・・・お腹が空いていたことに気づき、まずは落ち着くために昼食を取ることにします。

今回はにんにくネギ味噌さけ雑炊です。

行動食に持ってきた鮭おにぎりをクッカーに入れて水を適量注ぎ、持参した自家製のにんにくネギ味噌をその中に入れます。

そして蓋をして少し待つと即席鮭雑炊のできあがりです。

ただの鮭雑炊だとあっさりしますが、ネギとにんにくが入ることでパンチが効きますね。

先ほどまで焦っていた鮎美が嘘のように落ち着きを取り戻し、

私は遭難なんてしてないんだからね!絶対生きて帰るぞーーー!

自分に言い聞かせます。

単独登山は基本1人なので、道に迷っても誰かに聞くことができません。

携帯を頼りたいですが電波が繋がらないこともあるので地図を持っておくと必ず役に立ちます。

その後・・・結局夜の7時半に登山道に出れて人にも会えましたが心細かったでしょう。

でもヘッドランプをきちんと持っていたことが救いでしたね。

最後鮎美が特急電車で怖かったーと心で呟いたのが本当に印象的でした。

山では遭難する可能性があるということ、そして登山は楽しいことばかりではないという警鐘を伝えるエピソードでした。

山と食欲と私で鮎美が危うく滑落?

山の怖さと奇跡が合わさった69話のお話はかなり印象に残ります。

実際こういったことはないと思いますが、でも「おー!」と、拍手してしまいましたね。

とある山で4人の男性が登っていると、ほかの登山者を見て隠れました。

なぜかというと彼ら実はすでに死んでいたのです。

それぞれ滑落や遭難、雪崩が原因でした・・・。

4人目のおばけは最近仲間入りしたので、なぜコソコソするのか聞くと、

「おばけになってもプライドがある。生きている人に見つかって指をさされたらかっこ悪いじゃないか」

と言いました。

そしてこの世にいないことを受け入れて歩いていくしかないとあっさり言います。

そこに鮎美が現れますがフラフラしているので、おばけたちが気になって見ていると、急に足を踏み外します。

この時点でかなり衝撃的ですが、その瞬間・・・・

「こっちに来るんっじゃねぇバカ野郎」

とおばけたちが助けてくれました!

おそらく寝不足と疲労で、一瞬ですが寝てしまったようです。

ふわっと浮いたあと岩の上に戻った鮎美は何が起きたかわからず戸惑いますが、そのあと1時間以上無表情のままその場に座り込みます。

そしてようやくおもむろに、ザックからお味噌汁を出しお湯を注ぎ天かすを浮かべ、一口飲むとようやく正気に戻り状況をつかめたのか、

う・・う・・・わああああ

と泣き出しました。

それを見たおばけの彼らは、笑いながらあったかい味噌汁が飲みたいと言いつつ山に戻りました。

山に挑むということは軽い気持ちではダメですし体調の変化で生命の分かれ道になります。

でも今回のことで鮎美が生きていてよかった!

私も山に登ったことがありますが、低い山が多いですし1人では行かないので鮎美の行動力には尊敬します。

でも山のグルメはこれからも色々試したいと思います。

そして行ったことのない山の情報を見て今後の参考にしたいですね。

以上、

「山と食欲と私」で山の魅力を鮎美のエピソードと共に詳しく解説でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。