「山と食欲と私」表紙の下に隠された登山の秘密

 

 

人間の欲は尽きない。

特に食べること、食欲というものは

生きていく中で必ず必要だ。

山と食欲と私は、信濃川日出雄さんの作品で新潮社のWEBサイト「くらげパンチ」で絶賛連載中です。

https://kuragebunch.com

2019年1月には9巻が発売されました。

  • 山と食欲と私の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「山と食欲と私」で山の魅力を鮎美のエピソードと共に詳しく解説

「山と食欲と私」料理も魅力のひとつ!疲れたときにしみる甘い物

「山と食欲と私」鮎美の職場で登山ブーム?数々のグルメが登場!

  • 少年・青年漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「キングダム」歴史漫画が苦手でも楽しめる方法

「キングダム」作者の原泰久先生はどんな人なのか調べてみた

「キングダム」キャラクターの魅力から目が離せない!特徴を解説

「はたらく細胞」人気の理由は体の仕組みを楽しく勉強できる?

「はたらく細胞」かわいいキャラランキングを発表!

「はたらく細胞」シリーズが結構シュールだけど面白いって本当?

「はたらく細胞 」がん細胞が体を襲う?危機から脱出する方法

「スラムダンク」新装再編版が気になる!通常版と内容は違うの?

「スラムダンク」桜木花道バスケ部に入った理由がかなり軽かった

「スラムダンク」県大会は最大の下剋上!強豪校勢揃いでピンチ?

「スラムダンク」陵南戦で見せた、小暮くん三年間の意地

「スラムダンク」安西先生が流川に伝えたかった過去の失敗

「スラムダンク」インターハイまでに花道は救世主になれるか?

「スラムダンク」豊玉Aランク湘北Cランク・・総合評価を覆せる?

「スラムダンク」湘北メンバー山王戦前日・・決意の夜

「スラムダンク」山王戦いよいよスタート!湘北に勝ち目はある?

「スラムダンク」山王怒涛の反撃に、湘北が花道に全てを託す?!

「スラムダンク」リバウンド王になった花道に悲劇が襲う

「スラムダンク」最後まで目が離せない展開に・・衝撃の結末

「インベスターZ」 が投資漫画として人気の理由

「インベスターZ」財前が学んだ喫茶店経営の極意がすごい!

「忘却のサチコ」で俊吾が逃げた理由が判明?そのとき幸子は・・

「忘却のサチコ」人気の理由は真面目な性格のサチコに秘密あり

「忘却のサチコ」ドラマキャスト|気になる俊吾は意外なあの人

「忘却のサチコ」ドラマ第1話から幸子のコスプレが炸裂?

「忘却のサチコ」3話ドラマ|新人小林の登場にあの幸子が動揺?

「忘却のサチコ」5話ドラマ|同級生の再会で新たな恋の予感?

「忘却のサチコ」6話・7話ドラマ|俊吾と再会したけど・・

「忘却のサチコ」最終回ドラマ感想|俊吾登場に結末が読めない!

「四月は君の嘘」公生がある人との出会いで再びピアノを弾く?

「四月は君の嘘」かをりの存在が公生のピアノ人生を変える?

「四月は君の嘘」感動的な演奏の裏に隠された、公生の切ない想い

「四月は君の嘘」ピアノに込めた母への想いがようやく実を結ぶ?

「四月は君の嘘」母親の姿とかをりが重なってしまう公生の心理

「四月は君の嘘」病気に挑むかをりに力をくれた公生の演奏

「四月は君の嘘」内容はいよいよ佳境へ|かをりのある決断

「四月は君の嘘」ラストでようやくかをりの本音が語られる

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

私が「山と食欲と私」を知ったのは、以前登山用品店に勤めていたので、登山漫画に興味がありました。

「山と食欲と私」を読みながら山に登った気分になったり、山飯を作った気になったりして楽しんでいます。

グルメはもちろんアラサー女子の趣味の世界など気になるキーワードがたくさん盛り込まれています。

そして主人公鮎美が山を好きというのがとてもよく伝わってくる表紙になっていますが、実はその表紙を外して見てみると・・・

紙の単行本ならではの特典があったのです。

今後山登りをしたい人には興味深いものになっていますので、詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

山と食欲と私表紙で分かる鮎美の登山

山と食欲と私表紙の裏に嬉しい情報?

山と食欲と私表紙のレシピは再現できる?

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

山と食欲と私表紙で分かる鮎美の登山

 

山の登る時一人だと心細いこともある。

でも頂上に着いた時、

それ以上に達成感とこれからの希望を得れる。

山と食欲と私鮎美が単独で登山する理由

「山と食欲と私」の主人公日々野鮎美は、東京に住む27歳の女性ですが、実は彼女・・・休日になると登山をしているんです。

そして数年前に流行った山ガールという言葉が嫌いなんです。

登山をする男性から見たら女性はみんな可愛い山ガールというイメージでしょうか?

だから鮎美は単独登山女子自らそう読んでいます。

そして普段からストイックに身体作りをしているので、昼休みになるとランチの前にスクワットなどの運動をしています。

山に行く時は日帰りもありますが、時々重たいテントやシュラフをザックに詰め込んでテント泊も1人でします。

そこではほかの登山者との出会いやエピソードも描かれていますが、さまざまな山のルールのなかで共感できるシーンがたくさん出てきます。

そこで「あーわかるー!」と楽しめるポイントも盛りだくさんなので読んでいてとても共感できます。

山と食欲と私鮎美はどんな山に登っている?

山の名前は「とある山」と表現されることが多いので基本的には表示されませんが、なんとなく特徴で分かる山もあります。

鮎美は東京に住んでいるので、連休でない限り日帰りだと関東近郊が多いかと予想できます。

26話で出てくる高尾山は、東京都八王子市ですし標高も600mほどなのでとても人気の山です。

基本は単独で登る鮎美ですが、職場で先輩の小松原が主任になったり、派遣社員の滝が新人として入ってきたりと変化もあったので、団結力を上げるために経理部のメンバーで高尾山に行く計画を立てます。

当日は経理課に移動してきた男性の姫村も参加し、4人のレクレーションが始まりますが、少し遅れて瀧が到着するとなぜか鍋を背負っていました。

でも山に慣れている雰囲気があり聞いてみると、高校時代は山岳部にいたようです。

そんな経験者と未経験者の4人は高尾山を制覇できるのでしょうか?

鮎美が人と一緒に登る珍しい回なのでぜひ読んでみてください。

あと茨城の筑波山で山コンするエピソードは、山で合コンなら健康的な気がするし付き合っても続けれる趣味だなーと思わず興味津々で読みました。

こんな感じで登山や山飯以外でも鮎美の会社のエピソードやプライベートのことも描かれていますので、全く飽きないですしクスッと笑えて楽しいですね。

そして私が働いていた登山用品店でも、皆さん連休をとって八ヶ岳や穂高岳のような高い山にチャレンジしていました。

鮎美を見ているとやっぱりさまざまな山に登って、「次はこの山に登ってみたいな。」という願望がつきないものだと思いました。

山と食欲と私表紙の裏に嬉しい情報?

 

道具にしても食事にしても

一つ一つ欠かせないものばかり。

初心者だからこそ最初を大事にしたい。

山と食欲と私作者の登山経験が描かれている?

「山と食欲と私」を読んでいると、かなり話がリアルだし道具の情報もたくさん出るので作者の信濃川日出雄さん自身、登山をしているのかな?と疑問に思い調べてみると、以前インタビューを受けていました。

 

僕はちょうど登山を趣味にしはじめたばかりの頃で、友人たちと高尾山や筑波山、塔ノ岳、谷川岳、富士山などに行ってたんですよね。連載が忙しい中で、このままだと自分の引き出しが空っぽになってしまう、自分自身の新しい趣味を見つけなければ……と、もともと関心のあった外遊びに挑戦し始めた時期だったんですよ

 

作者の信濃川日出雄さん自身単独登山が多いようですし、取材山行などで鮎美の気持ちや行動は忠実に反映しているようですね。

山と食欲と私で表紙の下に素敵な情報

表紙をはずしてみると・・・登場人物たちの重量付き持ち物のイラストが描かれていました。

ちなみに第1巻では鮎美の持ち物がじっくり、しっかり書かれています。

持ち物なんてそんなにある?と思うかもしれませんが、その人それぞれで必要なものがちがいます。

しかも初登場の人物は毎回増えますので、常に違う情報を楽しめます。

第2巻のイラストでは登場人物たちの持ち物が細かく書かれています。

やっぱりそれぞれ必要なものが違って面白いですね。

正直この情報は初心者にはありがたいと思います。

いきなりたくさんの装備は必要ないですが、表紙の裏を参考に自分のオリジナルを見つけていくのも楽しみの一つです。

山と食欲と私表紙のレシピを再現

 

山飯は簡単なのにすごく美味しい。

頑張った分がプラスされてさらに美味しい。

景色も含めて料理の一つ。

山と食欲と私でホットサンドは簡単で美味しい

山と食欲と私ではグルメ漫画の醍醐味である料理のシーンが細かくしっかり描かれています。

そして食べる料理は男性に比べると、女性らしくおしゃれな感じに仕上がっています。

以前、山ガール・山ブームがあった時に勤めていた登山洋品店ではびっくりするくらいホットサンドメーカーが売れました。

そして私も実際購入しましたが、漫画で使っているホットサンドメーカーはパンの耳を落とさず焼けるので本当に万能です。

簡単なのに外で食べるとなぜか抜群に美味しいホットサンドは本当におすすめです。

11話 「ホットサンド一期一会」では、フライドポテトのホットサンドを作っていました。

定番ですがベーコンとチーズとトマトをぎゅーっと挟み、しばらくすれば出来上がりです。

考えただけで食べたくなりますね。

ホットサンドメーカーが必要になりますが、具材を変えれば自宅でも簡単にホットサンドを作れるのでおすすめです。

ホットサンドメーカー サンドイッチ・トースター ニュー・バウルー(シングル) BW01 直火 イタリア商事 送料無料 【SK06430】

山と食欲と私で登場するぽんかす丼ってなに?

引用:山と食欲と私2巻

15話で出てくる掟破りのぽんかす丼

かなり反響があった人気のお話です。

なぜ「ぽんかす」かというと、ぽんはポン酢のことでかすは天かすのことですが、作り方がとても簡単で食べ出すと止まらない美味しさです。

温かいご飯の上に天かすを乗せ、あとは乾物の桜エビとネギをいれるだけです。

でも問題なのは、味ぽんって瓶に入っているので山では持ち運びがかなり大変です。

お弁当に入っている調味料入れだと小さいし、どうしよう・・・と、ここで鮎美が考えたのが、ミニサイズの醤油ボトルにポン酢をいれかえるという案でした。

これなら100mlというちょうどいい量が入る、優れものだったのです。

本当にアイデア上手ですね。

鮎美はいつも、スーパーで使える食材や使えそうなものを探す努力をしているな〜と感心します。

家でも本当に簡単なのでぜひお試しください。

ただ山だと景色というエッセンスがまた一味も二味も美味しくしてくれます。

基本的に話は読み切りですので、山に関する情報はもちろんですが、毎回美味しそうな料理や飲み物を見る楽しみがあります。

そして実際の山道具やアウトドアグッズは様々な場面で役に立ちます。

運動不足の人や休日に趣味を持ちたい人など、山で食べる美味しいご飯から興味を持って始めても全然ありだと思います。

以上、

「山と食欲と私」表紙の下に隠された登山の秘密でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。