「スラムダンク」山王怒涛の反撃に、湘北が花道に全てを託す?!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

 

山王河田の存在は、

キャプテンの赤木の感情を狂わせる。

逃げることは出来ないけど、

それでも乗り越える瞬間はやってくる。

スラムダンクは井上雄彦さんの作品です。

少年ジャンプで連載していた伝説的な漫画で、国内の累計発行部数はなんと1億2000万部以上です。

そして2018年6月にスラムダンク新装再編版が発売されました。

新装再編版については少年ジャンプ公式サイトにて詳しい情報が載っていますので、気になる方はぜひのぞいて見てください。

  • スラムダンクの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「スラムダンク」新装再編版が気になる!通常版と内容は違うの?

「スラムダンク」桜木花道バスケ部に入った理由がかなり軽かった

「スラムダンク」県大会は最大の下剋上!強豪校勢揃いでピンチ?

「スラムダンク」陵南戦で見せた、小暮くん三年間の意地

「スラムダンク」安西先生が流川に伝えたかった過去の失敗

「スラムダンク」インターハイまでに花道は救世主になれるか?

「スラムダンク」豊玉Aランク湘北Cランク・・総合評価を覆せる?

「スラムダンク」湘北メンバー山王戦前日・・決意の夜

「スラムダンク」山王戦いよいよスタート!湘北に勝ち目はある?

「スラムダンク」リバウンド王になった花道に悲劇が襲う

「スラムダンク」最後まで目が離せない展開に・・衝撃の結末

  • 少年・青年漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「キングダム」歴史漫画が苦手でも楽しめる方法

「キングダム」作者の原泰久先生はどんな人なのか調べてみた

「キングダム」キャラクターの魅力から目が離せない!特徴を解説

「はたらく細胞」人気の理由は体の仕組みを楽しく勉強できる?

「はたらく細胞」かわいいキャラランキングを発表!

「はたらく細胞」シリーズが結構シュールだけど面白いって本当?

「はたらく細胞 」がん細胞が体を襲う?危機から脱出する方法

「山と食欲と私」表紙の下に隠された登山の秘密

「山と食欲と私」で山の魅力を鮎美のエピソードと共に詳しく解説

「山と食欲と私」料理も魅力のひとつ!疲れたときにしみる甘い物

「山と食欲と私」鮎美の職場で登山ブーム?数々のグルメが登場!

「インベスターZ」 が投資漫画として人気の理由

「インベスターZ」財前が学んだ喫茶店経営の極意がすごい!

「忘却のサチコ」で俊吾が逃げた理由が判明?そのとき幸子は・・

「忘却のサチコ」人気の理由は真面目な性格のサチコに秘密あり

「忘却のサチコ」ドラマキャスト|気になる俊吾は意外なあの人

「忘却のサチコ」ドラマ第1話から幸子のコスプレが炸裂?

「忘却のサチコ」3話ドラマ|新人小林の登場にあの幸子が動揺?

「忘却のサチコ」5話ドラマ|同級生の再会で新たな恋の予感?

「忘却のサチコ」6話・7話ドラマ|俊吾と再会したけど・・

「忘却のサチコ」最終回ドラマ感想|俊吾登場に結末が読めない!

「四月は君の嘘」公生がある人との出会いで再びピアノを弾く?

「四月は君の嘘」かをりの存在が公生のピアノ人生を変える?

「四月は君の嘘」感動的な演奏の裏に隠された、公生の切ない想い

「四月は君の嘘」ピアノに込めた母への想いがようやく実を結ぶ?

「四月は君の嘘」母親の姿とかをりが重なってしまう公生の心理

「四月は君の嘘」病気に挑むかをりに力をくれた公生の演奏

「四月は君の嘘」内容はいよいよ佳境へ|かをりのある決断

「四月は君の嘘」ラストでようやくかをりの本音が語られる

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

インターハイ、山王工業との戦いはいよいよ後半を迎えました。

前半は湘北が優勢でしたが、山王が実力を発揮し点差を広げられます。

「やっぱり王者には勝てないのか?」

全員がそう思っていましたが、安西先生だけは違いました。

それは花道にまだ能力が残っていて勝てると確信していたのです。

では湘北怒涛の反撃を詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

スラムダンク山王の強さに諦めかけた時

スラムダンク山王に勝てると信じている人物

スラムダンク山王は1人では倒せない

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

 

いつもの動きが出来ない選手たち。

チームワークが必要なのに、

感情に動かされすぎてうまく噛み合わない。

スラムダンクリョータに想いを込めて

湘北対山王の後半戦がいよいよ始まりましたが、開始早々沢北が3Pを決め逆転しました。
山王のお家芸でもあるフルコートプレスディフェンスで激しく攻撃すると、わずが2分で湘北は10点も差をつけられます。
そして湘北はタイムアウトをとりますが、まったく点数が取れない状況に安西先生が考えた作戦は、メンバーは変えずリョータ1人でボール運びをするという案でした。
不安そうにするリョータに彩子は手のひらにマジックで、
「No.1ガード」
という言葉を書きます。
それを見て覚悟を決めますが、大好きな彩子に背中を押されどうにかいつものリョータに戻ったようですね。

スラムダンク赤木の苦手意識が止まらない

リョータは山王の深津を抜き流川にパスするとゴール下まで行きますが、山王の河田にブロックされてしまいます。
彼は今大学に入ってもセンターとしてベスト3に入ると言われるほどの実力の持ち主でした。
河田に対抗するのはもちろん赤木ですが、勝つことへの執着が強すぎてなかなかいつも通りの動きができません。
そして河田という男にはたして勝てるのか・・と戦う中で自信がなくなります。
大黒柱の赤木が河田にブロックされ、さらに抑え込まれるとどんどん点が開き、とうとう20点という差がつきます。
その瞬間・・観客や記者・他のチームの選手たち、会場にいる誰もが「もう波乱はない」と諦めの表情を見せました。
そんななか安西先生が最後のタイムアウトをとります。

スラムダンク山王に勝てると信じている人物

安西先生の言葉は、
花道の心を動かす。
諦めるにはまだまだ早すぎる。

スラムダンク花道を下げた理由

疲れ切った湘北の選手たちは、
「このまま負けてしまうのかもしれない。」
という不安が脳裏をよぎりますが、その状況を受け入れることが出来ませんでした。
すると安西先生は花道と小暮を交代させますが、納得が出来ない花道が悔しそうな顔をすると、
「プレイをよく見るんだ、ここに座りなさい。」
と言われしぶしぶ聞き入れます。
すると安西先生は、
「まだ勝てると思っているのは私だけかね?」
と想像していなかった言葉が返ってきました。

スラムダンク不安な気持ちをかき消すあの言葉

「諦めたんじゃなかったのか?」
と花道が戸惑いながら言うと、ここで安西先生の名言が飛び出します。
「あきらめたらそこで試合終了ですよ?」
・・以前三井が中学の時、もう勝てないと諦めかけたときに言った言葉です。
ここで諦めなかった三井は中学MVPを取ったという有名なエピソードがありますね。
そうなんです。
花道を下げたのには理由がありました。
流川がシュートをミスしたとき、もし花道がリバウンドをしたらどうなるでしょうか?
山王はリバウンドからの速攻がなくなり、湘北にもう一度シュートのチャンスができます。
つまりそれが出来れば追い上げの切り札になるわけです。
それを知った花道はみんなの気持ちを乗せて再び小暮と交代しました。
はたして流れを変えることができるでしょうか?

スラムダンク山王1人では倒せない

花道がやることはいつも、
むちゃくちゃだけど、
なにか変えてくれそうな期待を、
思わせてくれる。

スラムダンク花道にすべてを託す

花道は湘北の選手たちに気合を入れるため、突然観客の前で赤木にカンチョウします。
恥ずかしさとイタさで花道はグーで殴られますが、やるべきことが明白だったのでそんなことは全然気になりませんでした。
そして会場にいるほとんどの人が山王を応援していたのでわざと、
「ヤマオーは俺が倒す!」
と観客に向かって叫びました。
ブーイングが起こる中花道は、
「これで勝つしかなくなったぜ。」
と笑顔でみんなに言います。
王者相手に簡単に縮まる点差ではありませんでした。
でもみんなから期待され、誰かに必要とされたのが初めてだった花道にとってバスケの常識なんて関係ないくらいこの時間にかけていたのです。

スラムダンク赤木のライバルが登場?

花道は山王の野辺になかなか思うようなリバウンドをさせてもらえません。
でもぜったいに点を取りたい花道は反則ギリギリですが相手のシャツを掴み、ボールをとるとそのままシュートします。
ここでようやく後半、湘北初ゴールでした。
流れがもう一度くると感じたリョータは、必死で走りボールを取りますがシュートが外れます。
ところが花道はゴール下でそのままボールを入れ、きっちり仕事をしました。
そしてようやく20点差に戻しますが、それを見ていた安西先生はまだ花道に隠れた才能があるのを知っていたのです。
誰よりも高く、何回もジャンプできる体力はだれにも真似ができませんでした。
それを見ていた河田はかなり本気になりますが、赤木の脳裏には全国制覇という文字がよぎり力が入ります。
そのままダンクをミスしてしまい河田の上に倒れてしまいました。
こんな状態で立ち上がる気力がなくなった瞬間・・目の前にはあの人・・。
板前の格好をした魚住が立っていました。

スラムダンク花道をマークする凄いあの人

会場がざわつくなか魚住は赤木に向かって、
「華麗な技を持つ河田は鯛だか、お前は鰈(かれい)だ。泥にまみれろよ。」
という言葉を残し、そのまま警備員に連れていかれました。
魚住の夢は板前になることだったため、赤木には絶対山王に勝ってほしかったのでしょう。
全員唖然としますが、安西先生は赤木の変化にすばやく気づきます。
湘北の選手全員が主役になる必要はない。
そこにようやく気づいた赤木は、
「河田は河田・・。オレはオレ・・。自分より河田の実力が上でも湘北は負けない。」
そう誓った赤木の気持ちはようやく吹っ切れました。
そんななか体力の限界を迎えていた三井でしたが、奇跡が起こります。
なんと3Pを連続で決めました。
三井が意識もうろうとしながら、それでも躊躇なくシュートする理由・・それは花道のリバウンドを絶対的に信頼していたことです。
湘北選手全員が花道のオフェンスリバウンドを信じていたので、流れがようやくやってきました。
そのことを脅威に思った山王の監督がいよいよ動きだします。
なんと河田が花道をマークするという衝撃的な展開になりました。
日本の頂点にいるセンターと花道の闘い、そして山王・湘北エース対決・・見逃せませんね。
続きはこちらの記事をご覧ください。

スラムダンクのアニメを見る

以上、

「スラムダンク」山王怒涛の反撃に、湘北が花道に全てを託す?!でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。