「コーヒーが冷めないうちに」続編で謎だった女性の正体が判明!

 

嘘をつくことに

罪悪感は

ありますか?

でもそれは愛する人のためでした。

「コーヒーが冷めないうちに」はもう読まれましたか?

こちらの作品はサンマーク出版の川口俊和さんの作品で2015年に発売されましたが、これがデビュー作だそうです。

評判が広がり2017年には本屋大賞にノミネートされ、55万部以上のベストセラーになりました。

そして今回はコーヒーが冷めないうちにの続編この嘘がばれないうちに」の紹介です。

  • コーヒーが冷めないうちにの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「コーヒーが冷めないうちに」相関図で見る原作と映画の違い

「コーヒーが冷めないうちに」喫茶店にどうしても来てしまう理由

「コーヒーが冷めないうちに」続編で謎だった女性の正体が判明!

  • おすすめの小説の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「旅猫リポート」でナナを手放す理由がラストに隠されていた!

「旅猫リポート」サトルとナナが旅先で出会った、友人たちの現在

「旅猫リポート」結末でナナの飼い主は誰になる?揺るぎない答え

「羊と鋼の森」というタイトルはピアノそのものを表現している?

「探偵が早すぎる」原作とドラマのキャラクターが全然違う?

「人形の眠る家」あらすじで分かる衝撃的な展開に驚きを隠せない

「人魚の眠る家」内容が進むと家族に変化が!もう後戻り出来ない

「人魚の眠る家」小説は納得できる結末?映画のキャストも紹介

「人魚の眠る家」映画と原作を比較|母親の気持ちが切なすぎる

「人魚の眠る家」原作と映画のあらすじ|家族が最後に選んだ道

「かもめ食堂」小説で描かれた、サチエがフィンランドに行くまで

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由が素敵すぎる!

「かもめ食堂」料理の良さを伝えるために唯一したある行動

「かもめ食堂」フィンランドでなぜ3人の女性は出会ったのか?

「かもめ食堂」結末でサチエがフィンランド人に認められた理由

「かもめ食堂」映画を見る前に知ってほしい3つの魅力

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

2018年9月に有村架純さん主演で映画化されました。

「コーヒーが冷めないうちに」では過去に戻れると噂の喫茶店に来た4人の女性が、会いたい人と再会していくお話でしたが、続編である「この嘘がばれないうちに」は4人の男性たちが登場します。

それぞれが人を裏切る嘘ではなく、愛する人を想うためについた嘘で綴られたエピソードになっています。

前回と繋がる部分がたくさんありますので、両方読んだら「おー!」と納得できるのではないでしょうか。

あと謎多き白いワンピースの女と時田数の秘密が明かされます。

では「コーヒーが冷めないうちに」も復習しつつ、詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

コーヒーが冷めないうちに続編で男性が中心

コーヒーが冷めないうちに続編で描かれる事

コーヒーが冷めないうちに続編で謎が解決?

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

コーヒーが冷めないうちに続編で男性が中心

 

忘れられない思いを

胸に抱えている人は、

たくさんいる。

前に進めるかどうかは、

後悔の数値で変わる。

コーヒーが冷めないうちに続編もルールは同じ

前回のコーヒーが冷めないうちにから7年が経ちました。

喫茶店フニクリフニクラにはマスターの時田流と、いとこのウェイトレス時田数と、流の娘である時田ミキ3人がいます。

流の妻計は子供を産んだ後この世を去っています。

そして7年立っても変わらず白いワンピースの女はいました。

相変わらず過去に戻りたいと願う人たちがこの喫茶店に集まります。

もちろん今もややこしいルールは存在します。

ーヒーが冷めないうちにのルールと一緒ですが、確認のため見ていきましょう。

1、過去に戻っても喫茶店を訪れたことのない人には会うことができない

2、過去に戻ってどんな努力をしても現在は変わらない

3、過去に戻れる席には先客がいてその先客が席を立った時だけ座れる

4、過去に戻っても席を立って移動する事は出来ない

5、過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから冷めてしまうまでの間だけ

そして喫茶店フニクリフニクラの、ウエイトレスをしている時田数が淹れたコーヒーだけが人を過去に戻すことができます

何度見てもなかなか難しいルールですが、それでも戻りたい・未来に行きたいと思う人たちが何かを抱え、この喫茶店に来ます。

前回「コーヒーが冷めないうちに」は女性が過去や未来に戻る話でしたが、続編の「この嘘がバレないうちに」は男性が様々な後悔をして行動するお話です。

コーヒーが冷めないうちに続編は前より切ない

今回男性が主役ですが、じつは4つのお話の全部に死が関わっています。

前回より内容が重くなっていますが、亡くなった人に会うという絶対経験できない奇跡の出来事をじっくり見ていきましょう。

ではどんな人たちのエピソードがあるのでしょうか?

1人目は22年前に亡くなった親友に会いに行く

2人目は母親の葬儀に出れなかった息子の話

3人目は結婚できなかった恋人に会いに行く

4人目は妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話

男女の感覚の違いもありますが、男性のほうがずっと心に引っかかっている事がそのまま消えない・・という印象でしょうか?

今回は1人目と2人目のエピソードを見ていきましょう。

コーヒーが冷めないうちに続編で描かれる事

 

嘘の形は様々だけど、

それで幸せになれるのなら、

現実は変わるかもしれない。

この嘘がばれないうちに「親友」

22年前に亡くなった親友に会いに行く話ですが、果たしてどんな物語なんでしょうか?

千葉剛太郎という男性には娘がいますが、実は今まで嘘をついていました。

物語は22年前までさかのぼります。

親友の神谷秀一は大学のラグビー部でチームメイトでした。

そんなある日秀一が夫婦で病院に行くというので、1歳になったばかりの娘を預かることに。

ところが病院に行く途中、交通事故で亡くなってしまいます。

剛太郎は身内がいなくなった秀一の娘をが育てるという決意をします。

22年・・その娘もとうとう嫁に行くことになりますが、自分が本当の親ではないという事実を隠していたので父親として結婚式には出れないのではないか?と悩みます。

そこで喫茶店に行きこう説明します。

「娘に本当の父親の姿を見せてあげたいから、秀一からのメッセージを撮れれば・・。」

そしてフニクリフニクラから過去に戻ります。

剛太郎が目を覚ますと「あの・・お客さん?」と声をかけられます。

そこには今より若い頃の流が立っていました。

一瞬状況が分かりませんでしたが、過去にきちんと戻ってきたようですね。

すると親友の秀一がトイレから戻ってくると、急に老けた剛太郎を見て驚きます。

でも事情を聞いて、この喫茶店の話を知っていたので未来から来たということをすぐに察しました。

そこで娘の遥の結婚が決まったという話をし、実は未来の秀一が

22年前の秀一に結婚式のスピーチにやらせよう。

と言い出したと、嘘をつきました。

ただ秀一がもう亡くなっていることは絶対悟られてはいけないので、サプライズでメッセージを録画したいと頼みます。

でもそこでなぜ未来の自分がそんなことするのかと疑問を持ち始めました。

そして勘が鋭い秀一は剛太郎がわざわざ来た理由に気づいてしまいます。

すでに未来では自分がもう存在しないことを。

それを理解し、納得した上で秀一はこう言います。

「遥聞いてくれ。お前の父親は俺と剛太郎2人でいいよな?」

と・・・。

過去から戻ってカメラを見ると、笑えと豪快に言ってる男性と泣きながら笑顔を作っている不器用な男性がうつっていました。

嘘の形は様々ですが、剛太郎と秀一の友情が繋いだ物語でしたね。

この嘘がばれないうちに「親子」

母親の葬儀に出れなかった息子の話ですが、この話にも深い事情があるようです。

そしてコーヒーが冷めないうちにで謎だった部分が判明します。

三田絹代は喫茶店 に通う常連でしたが、癌が見つかり病院に入院します。

ただその時絹代は1つ嘘をついていました。

息子の幸雄に入院していることを内緒にしていたのです。

幸雄は陶芸家になりたいと言って17年もの間、実家に帰っていませんでした。

だから頑張っているはずの息子に心配をかけたくなかったのです。

その後残念ながら半年の闘病生活の甲斐虚しく、絹代はこの世を去ってしまいます。

幸雄は入院のことも知らないまま、突然母の死を聞かされます。

結局母の葬儀にも現れませんでしたが、それには来れない理由がありました。

実は幸雄には多額の借金がありました。

「自分の釜を持つことができる。」

と言われて頑張っていたのに、今まで貯めていたお金を騙し取られてしまいます。

そんな極限の状態の中、絹代の葬儀から1ヶ月が過ぎたころ喫茶店フニクリフニクラにあらわれます。

そして彼は過去に戻り亡くなる前の母に会う決意をしますが、一体何を話すのでしょうか?

時田数はいつものように、コーヒーを注いでいましたが、今回カップにそっとマドラーを入れていました。

なぜマドラーを入れたのでしょうか?

これには深い理由があったのです。

コーヒーが冷めないうちに続編で謎が解決?

 

今まで疑問に思っていたことが、

ようやく

わかった気がする。

コーヒーが冷めないうちに彼女の過去

過去に行った幸雄は、少し痩せた絹代に会い陶芸家として成功したと嘘をつきます。

二人はたわいのない話をしました。

コーヒーが冷める前に飲まないと幽霊になってしまいますが、幸雄はこの世に未練がないと覚悟をしていたので、もう戻るつもりはありませんでした。

とうとうコーヒーが冷めそうなその時・・・

マドラーからピピピッと音が聞こえました。

音が鳴ると幸雄は、時田数に言われた言葉を思い出しました。

「そういえば・・・ここのウエイトレスさんが母さんによろしくって・・・」

と言います。

絹代は昔からの常連だったので、過去に戻れることやルールも知っていました。

覚悟を決め、静かに語り始めました。

「そこの席に座っていた白いワンピースを着た女性がいたでしょ?」

「・・・うん?」

彼女は亡くなった旦那さんに会いに過去に戻ったの。

そしてその時にどんな話をしたのかは誰にもわからないけど・・・。

彼女は結局戻ってこれなかったの。

それが原因で幽霊になってしまったということでしょうか?

コーヒーが冷めないうちに時田数との関係

さらに絹代は語ります。

その女性がじつは時田数のお母さんだったのです。

しかもそのコーヒーを当時7歳だった時田数が入れていました。

彼女はこの事実をどう思い、どう感じたのでしょうか?

計り知れない悲しみを抱えてしまったのでしょうか・・・。

だから時田数は亡くなった人に会うため過去へ行く時は必ずマドラーを入れることにしました。

母と同じようなことにならないためですね、きっと。

時田数は母親の絹代にしか言えないことをお願いしていました。

「戻るのよ、未来に・・・」

絹代が言ったこの言葉が、幸雄の戻らない決意を揺るがしました。

息を吸い勢いよくコーヒーを飲み干しました。

幸雄は自分がいなくなれば全部終わると思っていましたが、どんな時も自分の幸せを願ってやまない母を悲しませるところでした。

何があっても生きよう。

そう心に決め時間は未来へ。

世界は変わらなくても自分が変わればいい、そう思った瞬間見える景色が光り輝いていました。

母と息子のお互いを思った嘘は、どこか優しい気持ちになりました。

そしてもう一つわかったこと・・。

それはずっと謎だった幽霊の正体がわかりました。

今までコーヒーを注いでいた時田数と白いワンピースの女性は親娘だったんですね。

色々と続編でつながりましたが、かなり驚きました。

 

あと今回語れなかった、

結婚できなかった恋人に会いに行く話 

妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話」はこちらで紹介しています。

「コーヒーが冷めないうちに」の続編で受け継がれる力の秘密

コーヒーが冷めないうちにに登場する人物が繋がっています。

映画を見る前に本を読んで予備知識があると、より楽しめると思いますのでぜひおすすめします。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/11 13:40:29時点 楽天市場調べ-詳細)

コーヒーが冷めないうちに映画を見る

dTV

以上、

「コーヒーが冷めないうちに」続編で謎だった女性の正体が判明!でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。