「かもめ食堂」結末でサチエがフィンランド人に認められた理由

 

 

サチエがしてきたことは、

間違いではなかったと、

心から言える。

「かもめ食堂」は群ようこさんの作品で、2008年に発売されました。

もともと映画の原案として描かれた小説をベースに2006年に小林聡美さん主演で映画化されました。

そのあと原作者の群ようこさんが作品を書き下ろしたそうです。

  • かもめ食堂の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「かもめ食堂」小説で描かれた、サチエがフィンランドに行くまで

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由が素敵すぎる!

「かもめ食堂」料理の良さを伝えるために唯一したある行動

「かもめ食堂」フィンランドでなぜ3人の女性は出会ったのか?

「かもめ食堂」映画を見る前に知ってほしい3つの魅力

  • おすすめの小説の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「旅猫リポート」でナナを手放す理由がラストに隠されていた!

「旅猫リポート」サトルとナナが旅先で出会った、友人たちの現在

「旅猫リポート」結末でナナの飼い主は誰になる?揺るぎない答え

「コーヒーが冷めないうちに」相関図で見る原作と映画の違い

「コーヒーが冷めないうちに」喫茶店にどうしても来てしまう理由

「コーヒーが冷めないうちに」続編で謎だった女性の正体が判明!

「コーヒーが冷めないうちに」続編で受け継がれる力の秘密

「探偵が早すぎる」原作とドラマのキャラクターが全然違う?

「人形の眠る家」あらすじで分かる衝撃的な展開に驚きを隠せない

「人魚の眠る家」内容が進むと家族に変化が!もう後戻り出来ない

「人魚の眠る家」小説は納得できる結末?映画のキャストも紹介

「人魚の眠る家」映画と原作を比較|母親の気持ちが切なすぎる

「人魚の眠る家」原作と映画のあらすじ|家族が最後に選んだ道

「羊と鋼の森」というタイトルはピアノそのものを表現している?

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

「かもめ食堂」は最初に映画の世界観にどっぷりハマってしまい、DVDも購入して何度も見るほど大好きな作品になりましたが、原作になると登場人物の設定が細かく描かれています。

スタッフにミドリとマサコが加わりますます忙しくなったかもめ食堂ですが、ある日事件が起こります。

彼女たちは無事困難を乗り越えることが出来るのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

かもめ食堂結末でサチエたちが狙われる?

かもめ食堂結末で揺れるフィンランド人

かもめ食堂結末で想いを込めたおにぎり

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

かもめ食堂結末でサチエたちが狙われる?

 

お店の繁盛とともに、

危険が近くまでやってきた。

かもめ食堂最大の困難が待ち受ける?

かもめ食堂新たな男の登場が鍵を握る

フィンランドのヘルシンキの街のなかにひっそり・・日本人のサチエはここで食堂を始めます。

名前はかもめ食堂。

地元の人は小柄で幼く見えるサチエを、

「子供が店をやっている。」

もちろん彼女は子供ではなく38歳になったばかりの女性でしたが、そんな噂が近所で流れ、最初はお客さんが全然来ませんでした。

それからサチエ以外に日本人のミドリがスタッフとして加わり、すこしずつ軌道に乗り始めた頃、新たにマサコが店の手伝いを申し出てくれ、だんだんかもめ食堂は活気づいてきました。

そんなある日、身なりがあまりよくない初老の男性が一人でやってきます。

コーヒーを頼み、待っている間も落ち着かいない様子でした。

すると今度は中年の男性が入ってきて、

「俺は何もいらないよ。」

と言うと初老の男性の横に座りましたが、突然やってきた彼を全く見ませんでした。

何か訳があるのでしょうか?

かもめ食堂で良からぬ話を相談

中年の男性はマッティと呼ばれていましたが、声をかけられても気乗りしない様子でコーヒーを飲んでいました。

すると・・

「もう、まとわりつかないでくれよ。もう足を洗いたいんだ。普通の仕事をしたいんだ・・。」

とマッティが低い声で言うと、

「なんでだよ。20年一緒に仕事をしてきたのに・・。あれだけ盗みをやってきて捕まらないのは俺たちの才能じゃないか。」

どうやらあまりいい話ではないようですね・・。

マッティには娘がいますが、父親が泥棒をしていることはもちろん知りません。

その娘にもうじき子供が生まれてくるということもあり、足を洗いたいと言いますが中年の男は小馬鹿にしたような態度でなかなか引き下がりません。

そしてかもめ食堂の従業員を見て、

「女3人ならちょっと脅せば金を取るのは簡単さ。あんたの力ならちょうどいい場所だよ。」

とたきつけるように話す中年の男をマッティは睨みつけ、

「いいから帰れ。俺のことは放っておいてくれ。」

とおもわず声を荒たげてしまいます。

サチエ達が思わず彼らを見ると中年男性はまずいと思ったのか、また連絡するといいながら店をあとにしました。

マッティはそのあと服のポケットをあちこち探り、コーヒー代を払って静かに席を立ちます。

かもめ食堂結末で揺れるフィンランド人

 

悩みを抱える人たちが、

なぜか引き寄せられるように、

やってきて話をする・・そんな空間。

かもめ食堂再び男が来店

三人は彼らが何を話していたのか、ほとんど聞こえていませんでした。

でもミドリはマッティの身なりを見て、もしかしたら無銭飲食をするのではないかと疑っていましたが、小銭を集めてきちんと払ってくれた彼を疑った自分が情けなくなっていました。

するとマサコも、

「私もちょっと思いましたよ。」

と言ってくれ、安心したミドリはいつもどおり仕事に戻ります。

その後も客足が途絶えることがなかったので、しばらくマッティのことは忘れていました。

それから数日後、この間と同じ時間にマッティがやってきてカウンター席に座ります。

そしてコーヒーを頼むと、少し酔っていたのか急に話しかけてきました。

かもめ食堂サチエとミドリに似た娘

マッティには娘がふたりいますが、フィンランドは刺激がないと言って海外に行ってしまったようです。

「上の子はこっちで知り合った男を追っかけて行ったあと子供ができたけど、結局お腹が大きいまま帰ってくるんだ。」

父親としては心配と話すマッティでしたが、突然サチエとミドリを指差し・・

「その娘たちが、きみたちにそっくりなんだ。だからきみたちが元気で明るく働いている姿を見てうちの娘も同じようにいてくれればいいなと思っていたんだ。」

その言葉を聞いてミドリの目が潤んでいました。

そしてまたかき集めた小銭でコーヒー代を払った彼を見て、

「ありがたいですねぇ。こちらは外国人なのに娘さんに似ているなんて、嬉しいですね。」

マッティはサチエ達と話したことで、迷惑をかけないと固く決意し本気で足を洗うつもりでした。

でも一緒にいた中年の男は同じ気持ちではなかったようです・・。

かもめ食堂結末で想いを込めたおにぎり

 

フィンランドという知らなかった国で、

サチエはいちから始めた。

最初は警戒されていたけど、

いつのまにかかもめ食堂は、

なくてはならない存在になっていた。

かもめ食堂突然の訪問者

次の日ミドリが体調を崩し、かもめ食堂を休みます。

マサコやトンミは心配しますが、確かに最近お客さんも増えていたので一息つく暇がなかったのも事実でした。

そしてその日も忙しくてクタクタになりながら店の鍵を締めていると、暗闇の中でサチエが突然羽交い締めされます。

するとマサコが状況に気づき、

「うわああああ、どろぼー!どろぼー!」

と強烈な声で叫ぶと道路に転がっていた木の棒を振り回し走ってきました。

サチエはその瞬間、彼のみぞおちを突き腕をとって投げ飛ばすと、マサコの声を聞いた近所の人たちが集まり心配します。

それはマッティに声を掛けていた男でした。

窃盗常習犯だった男は警察に引き渡され、サチエは新聞の取材を受けますが、体が小さい彼女が投げ飛ばしたということがフィンランド人にとってはとても衝撃だったようです。

サチエはこの事件をきっかけに一躍有名人になりました。

かもめ食堂続々と悩みが解決

かもめ食堂はますます忙しくなり、3人が店で動き回っていると、

「コスケンコルヴァ!」

と大きな声が聞こえます。

ドアを見ると以前お酒を飲んで倒れたリーサおばさんが子犬を抱えて立っていました。

見違えるくらい明るくなった彼女は、今回の新聞の記事を見てかもめ食堂に来たようですが、旦那さんは相変わらず帰って来てないみたいです。

でも気長に待つといいながらご機嫌に帰っていきました。

そして夜になり今度は少し赤い顔をしたマッティがやって来て、娘がふたりとも帰ってきたと嬉しそうに話しました。

いよいよ似ていると言っていた娘とサチエたちが対面すると・・首をかしげるくらい全く似てませんでしたがとても楽しそうなマッティを見てほっとします。

かもめ食堂に来たお客さんが幸せになる姿をみると、嬉しくなりますね。

かもめ食堂3人が選ぶ進む道

リーサおばさんはそれから時間があると、かもめ食堂に立ち寄るようになりました。

すると以前倒れたときに持ってきてくれたおにぎりは捨ててしまったと話し、もう一度食べてみたいと言うので、サチエは鮭おにぎりを心を込めて握ります。

サチエとミドリとマサコはリーサおばさんが食べる姿を興味津々に見ていると、

「おいしいような気がする・・。うん、美味しいわ。だってあなたが私のことを想って作ってくれたんですもんね。」

とにっこり笑ったので、3人はホッとしました。

ようやくサチエの真心がこもったおにぎりが受け入れられましたね。

そしてマサコがフィンランドに来て2ヶ月が過ぎたころ、彼女は日本に帰る決意をしていたようです。

サチエは3人で過ごした時間が楽し過ぎたので、寂しいという気持ちはもちろんありましたが、マサコが決めることだから無理強いはできないと思っていました。

するとホテルに帰ってもう一度考えるという言葉に、サチエとミドリはアパートに帰っても気になっていました。

次の日店を開けてもマサコは来ないのでやっぱり・・と思っていると、ドアが静かに開き、

「ご迷惑でしょうけど、また来ることにしちゃいました。」

と照れながら言うマサコが立っていたので、ミドリは嬉しそうに両手を握ります。

常連のトンミを交え、

「今日も一日、よろしくおねがいします!」

とサチエの声でかもめ食堂は今日も始まりました。

 

いろいろありましたが、サチエの夢が実を結びおにぎりに込める思いは届きましたね。

最初はあんなに忙しくなるなんて思っても見なかったですけど、やっぱり美味しいと思う感情はどこの国の人でも同じでした。

サチエの芯の強さとミドリの面白さ、それを見て微笑むマサコは本当の家族のようで微笑ましかったです。

サチエがフィンランドで食堂を始めた理由はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」小説で分かったサチエがフィンランドを選んだ理由

かもめ食堂が変化していく様子はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由とミドリの出会い

「かもめ食堂」料理に込めた日本への想い|伝えるためにすること

「かもめ食堂」フィンランドの街で偶然出会った3人の女性

created by Rinker
¥5,181 (2021/09/24 07:03:07時点 楽天市場調べ-詳細)

かもめ食堂の映画を見る



以上、

「かもめ食堂」結末でサチエがフィンランド人に認められた理由でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。