「かもめ食堂」フィンランドでなぜ3人の女性は出会ったのか?

 

 

長い人生で、

人と違う道を進むことになったけど、

たどり着いた場所は今ここにある。

「かもめ食堂」は群ようこさんの作品で、2008年に発売されました。

もともと映画の原案として描かれた小説をベースに2006年に小林聡美さん主演で映画化されました。

そのあと原作者の群ようこさんが作品を書き下ろしたそうです。

買取ですが、発売から10年たつのであまり見ませんが、在庫は比較的あると思います。

本の買取アップの方法については以下のようなコンテンツをご紹介しています。

本の買取金額をアップさせる秘策を現場経験者が解説

「かもめ食堂」の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「かもめ食堂」小説で分かったサチエがフィンランドを選んだ理由

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由とミドリの出会い

「かもめ食堂」料理に込めた日本への想い|伝えるためにすること

「かもめ食堂」結末でみんな幸せになることが出来る?

「かもめ食堂」映画の魅力をあらすじや料理とともに辿ってみる

おすすめの本については以下のようなコンテンツをご紹介しています。

「人形の眠る家」あらすじを辿るうちに判明した衝撃的な内容

「人魚の眠る家」内容が進むうちに家族は答えを見つけれる?

「人魚の眠る家」小説は納得できる結末?映画のキャストも紹介

「人魚の眠る家」映画と原作を比較|母親の気持ちが切ない

「人魚の眠る家」原作と映画のあらすじ|家族が最後に選んだ道

「旅猫リポート」でナナを手放す理由がラストに隠されていた

「旅猫リポート」でサトルとナナが旅に出て分かった友人たちの今

「旅猫リポート」の結末でサトルと関わった人やナナの変化

「コーヒーが冷めないうちに」相関図で見る原作と映画の違い

「コーヒーが冷めないうちに」で喫茶店に来る事情とルールの意味

「コーヒーが冷めないうちに」の続編で今までの謎が解明される

「コーヒーが冷めないうちに」の続編で受け継がれる力の秘密

「羊と鋼の森」タイトルの意味と調律師という仕事が深い

「探偵が早すぎる」原作とドラマはキャラクター設定が違っていた

 

サイト管理人、買取専門スタッフのMira.Buleと申します。

「かもめ食堂」は最初に映画の世界観にどっぷりハマってしまい、DVDも購入して何度も見るほど大好きな作品になりましたが、原作になると登場人物の設定が細かく描かれています。

かもめ食堂にはサチエとミドリが働いていました。

青年のトンミがきて以来地元のお客さんも少しずつ増えてきましたが、ある日マサコという女性がやってきます。

そして謎のフィンランド人のおばさんがなぜかいつもかもめ食堂を見ていましたが、どんな事情があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

かもめ食堂フィンランドに来た理由はそれぞれ

かもめ食堂フィンランドで悩みを持つ人達

かもめ食堂フィンランドでおにぎりは難しい?

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

かもめ食堂フィンランドに来た理由はそれぞれ

 

胸に抱えた思いや事情はあるけど、

誰も知らないところに来た瞬間、

気持ちは一新する。

かもめ食堂サチエとミドリとマサコ

フィンランドのヘルシンキの街のなかにひっそり・・日本人のサチエはここで食堂を始めました。

名前はかもめ食堂。

地元の人は小柄で幼く見えるサチエを、

「子供が店をやっている。」

もちろん彼女は子供ではなく38歳になったばかりの女性でしたが、そんな噂が近所で流れお客さんが全然来ませんでした。

でも日本が大好きな青年トンミが来るようになり、警戒心がとれたようで徐々に地元の人がくるようになります。

そして日本人のミドリもスタッフとしてかもめ食堂に加わり、すこしずつ軌道に乗り始めた頃新たにマサコという女性がフィンランドにやってきました。

彼女は観光でもなくなにか別に事情があるようです。

かもめ食堂人生をやり直す一歩

マサコは一通り市内を見てまわり、かもめ食堂にやってきました。

ようやくゆっくり話す時間ができると、サチエとミドリはなぜフィンランドで食堂をしているのか疑問に思います。

2人がお互いの事情を説明すると、なかなか聞けなかったことをミドリは切り出します。

「マサコさんはどうしてフィンランドにきたんですか?」

すると、

「テレビで見たニュースがきっかけで、いい国だなって。エアギター選手権とか、嫁背負い選手権とかサウナ我慢大会・・。

こんなことを一生懸命する人たちっていいなぁって思って。」

マサコの両親はあまり体が丈夫ではありませんでしたが、不動産を持っていたのでマンション経営をしていました。

学校を卒業してからも家事手伝いという立場で両親の面倒を見る日々が続いていましたが、一昨年、昨年と続けて2人とも亡くなります。

20数年間の足かせがとれ第2の人生だと思い、選んだ土地がフィンランドでした。

3人とも偶然同じ土地を選び、抱える悩みはお互い全然違いますが縁があって出会ったこの奇跡ってすごいですね。

かもめ食堂フィンランドで悩みを持つ人達

 

悩みなんてどこの国にいても、

解決しないかもしれない。

でも話せる仲間がいたら変わるかもしれない。

かもめ食堂ようやく謎が解ける?

マサコはそれから毎日かもめ食堂にやってきました。

客足が落ち着いた頃3人で話していると、以前からずっと来ている仏頂面のおばさんがまた店の中を睨みつけています。

いままでだと目が合うとそのまま帰っていましたが、その日は違いました。

いきなりドアを開け店に入ってきたので驚きましたが、表情も変えずコスケンコルブァというお酒を注文したのでサチエは黙って差し出します。

でも結局その日は飲まずに帰ってしまいました。

そして翌日またそのおばさんがかもめ食堂に来て、今度は指2本立てて・・

「コスケンコルヴァ!」

と言いました。

戸惑っているとたまたまマサコが店に来ますが、状況を悟りひとつ隣の席に座ります。

そしておばさんは2杯のコスケンコルヴァを見つめ、突然ぐいっと飲むとそのまま椅子ごと後ろに倒れてしまいました。

かもめ食堂3人の前に現れた女性の正体

サチエとミドリが慌てているとマサコが厨房に入り、グラスに水を入れおばさんに飲ませます。

家に帰りたいというのでサチエたちは車で送り届けると、トンミが彼女をベッドに連れて行ってくれました。

そしてそのあとそのまま帰りましたが、初めて彼が役に立ったなと思った瞬間でしたね。

それから・・容体も落ち着いていたのでそろそろ帰ろうとすると、おばさんがサチエたちを引き止め急に話しを始めました。

彼女の旦那は自分より収入が下で生活も妻が主導権を握っていましたが、ある日突然旦那の浮気が発覚します。

その瞬間怒りがこみ上げ思わず頭を殴ってしまいますが、そのあと荷物をまとめ出ていってしまいました。

そのあとすぐに可愛がっていた犬が突然亡くなり、ショックでなかなか立ち直ることができなかったある時、フラフラ歩いているとかもめ食堂でサチエとミドリがいつも笑っている姿を見かけます。

それから気になって何度も来ますが、なかなかお店に入ることができませんでした。

ようやく勇気を出して店に入り、お酒を飲むとそのまま倒れてしまった・・という経緯でした。

コスケンコルブヴァというお酒は、夫がいつも飲んでいただけなので彼女はほとんど飲めなかったようです。

そんな事情があったとは・・。

マサコをホテルに送り、サチエとミドリはアパートに戻りました。

かもめ食堂フィンランドでおにぎりは難しい?

 

自分の信念を貫くのは難しい。

でも理解してくれる人は、

必ず居るはずだ。

かもめ食堂どこにいるかは問題ではない

東京のような都会なら買い物をしたりカラオケに行ったり、ストレスを解消する方法はたくさんあると思います。

でも、

「フィンランドのように自然がある環境なら、息がつまることなんてないと思っていました。」

とミドリが言うとサチエが、

「どこに住んでいてもどこにいてもその人次第で、ダメな人はどこに行ってもダメなんですよ。」

と言うとなるほど・・と言った感じでミドリは納得していましたが、やっぱりサチエの言葉はいつも確信に触れていますね。

旦那が出ていってしまっておばさんはずっと溜めていた気持ちを人に話したことですべてを吐き出しましたが、これで前に進むことができるのでしょうか?

次の日にサチエとミドリはコーヒーとパンとおにぎりを持っておばさんの家に行くと、仏頂面は相変わらずですが2人を招き入れてくれました。

差し出したおにぎりをみて不思議そうに見つめますが、結局パンだけ食べます。

やっぱり海外の人にはおにぎりは受け入れがたいようです・・。

かもめ食堂で分かってくれる人はいる

店に帰るといつも通りトンミが来たあとマサコもやってきました。

そしておにぎりが食べたいというマサコに、鮭とおかかを作ると地元の人が興味津々で見つめます。

なぜなら見たことのないおにぎりという食べ物の食べ方や黒い海苔がとても不思議だったようです。すると、

「昔母親が握ってくれたのと同じで味がする。」

とマサコが言うと、サチエは嬉しそうに見ていました。

なかなか地元の人は警戒して食べてくれませんが、いつか日本人以外の人でも抵抗なく美味しいと言ってくれる日を信じながら、サチエは仕事をしていました。

でも食堂としては好調で売上は開店当時に比べると、倍くらいになっています。

トンミもお客さんが増えてきたので、すこし遠慮して厨房近くの空きスペースに移動しました。

それから数日後、日がくれた頃にマサコはかもめ食堂に来ますが、少し様子がおかしいようです。

森に行きそこで取ったきのこが原因でろれつが回っていませんでした。

病院には行かないというマサコを心配していましたが、店で喋っているうちにだんだん元どおりになってきたのでみんなで安心していると、マサコは突然・・

「あのう・・こんな愚かな私なんですけど、ここで働かせてもらえませんか?」

と申し出ます。

お客さんも増えていたので自分でよければ手伝いたいという気持ちと、暇を持て余すことがだんだん苦痛になってきたようです。

もともと親の介護で忙しくしていたマサコにとって、のんびり過ごす時間が長いのは性に合わなかったみたいですね。

忙しくなったかもめ食堂はメンバーが1人増え、サチエとミドリとマサコの3人になりました。

順調に見えますが、何もトラブルなくずっと3人で店をやっていけるのでしょうか?

そしておにぎりは地元のフィンランド人に分かってもらえるのか気になります。

気になるこの先はこちらの記事をご覧ください。

サチエがフィンランドで食堂を始めた理由はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」小説で分かったサチエがフィンランドを選んだ理由

かもめ食堂が変化していく様子はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由とミドリの出会い

「かもめ食堂」料理に込めた日本への想い|伝えるためにすること

「かもめ食堂」結末でみんな幸せになることが出来る?

かもめ食堂の映画を見る



以上、

「かもめ食堂」フィンランドの街で偶然出会った3人の女性でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。