「かもめ食堂」料理の良さを伝えるために唯一したある行動

 

 

一人でやっていく予定だった

かもめ食堂。

でもミドリと出会って、

新たな発見がたくさんあった。

「かもめ食堂」は群ようこさんの作品で、2008年に発売されました。

もともと映画の原案として描かれた小説をベースに2006年に小林聡美さん主演で映画化されました。

そのあと原作者の群ようこさんが作品を書き下ろしたそうです。

  • かもめ食堂の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「かもめ食堂」小説で描かれた、サチエがフィンランドに行くまで

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由が素敵すぎる!

「かもめ食堂」フィンランドでなぜ3人の女性は出会ったのか?

「かもめ食堂」結末でサチエがフィンランド人に認められた理由

「かもめ食堂」映画を見る前に知ってほしい3つの魅力

  • おすすめの小説の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「旅猫リポート」でナナを手放す理由がラストに隠されていた!

「旅猫リポート」サトルとナナが旅先で出会った、友人たちの現在

「旅猫リポート」結末でナナの飼い主は誰になる?揺るぎない答え

「コーヒーが冷めないうちに」相関図で見る原作と映画の違い

「コーヒーが冷めないうちに」喫茶店にどうしても来てしまう理由

「コーヒーが冷めないうちに」続編で謎だった女性の正体が判明!

「コーヒーが冷めないうちに」続編で受け継がれる力の秘密

「探偵が早すぎる」原作とドラマのキャラクターが全然違う?

「人形の眠る家」あらすじで分かる衝撃的な展開に驚きを隠せない

「人魚の眠る家」内容が進むと家族に変化が!もう後戻り出来ない

「人魚の眠る家」小説は納得できる結末?映画のキャストも紹介

「人魚の眠る家」映画と原作を比較|母親の気持ちが切なすぎる

「人魚の眠る家」原作と映画のあらすじ|家族が最後に選んだ道

「羊と鋼の森」というタイトルはピアノそのものを表現している?

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

「かもめ食堂」は最初に映画の世界観にどっぷりハマってしまい、DVDも購入して何度も見るほど大好きな作品になりましたが、原作になると登場人物の設定が細かく描かれています。

サチエのかもめ食堂に、初めて来たお客さんは日本が大好きな青年でした。

それからミドリがスタッフとして加わりましたが、お客さんははたして増えるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

かもめ食堂の料理は地元に受け入れられる?

かもめ食堂料理の腕と香りは比例する

かもめ食堂料理のメニュー改善をミドリが提案

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

かもめ食堂の料理は地元に受け入れられる?

 

日本では初対面だと、

友達になるまで時間がかかるけど、

フィンランドという土地が、

優しい気持ち・大胆な気持ちにさせる。

かもめ食堂青年トンミがきっかけ

フィンランドのヘルシンキの街のなかにひっそり・・日本人のサチエはここで食堂を始めました。

名前はかもめ食堂。

地元の人は小柄で幼く見えるサチエを、

「子供が店をやっている。」

もちろん彼女は子供ではなく38歳になったばかりの女性でしたが、そんな噂が近所で流れお客さんが全然来ませんでした。

でも日本が大好きな青年トンミが来るようになり、警戒心がとれたようで徐々に地元の人がくるようになります。

そしてひょんなことから日本人のミドリと知り合いになりますが、なにをしたらいいか分からないという彼女にサチエは、

「ホテル代ももったいないし、うちに泊まりませんか?」

と提案します。

するとミドリは遠慮しつつ受け入れ、サチエの家に向かいました。

かもめ食堂ミドリも一緒に働く

次の日ミドリは、サチエのかもめ食堂へ一緒に行きました。

ミドリはフィンランドに勢いできたものの、知り合いが誰もいないということもあり不安でしたが、見ず知らずの自分を家に招き入れてくれたサチエのことがとてもありがたかったようです。

そして店に着くとすでに常連のトンミが待っていました。

サチエの隣にいる見慣れないミドリをみて驚きますが、ガッチャマンの歌を全部教えてくれたと言った途端彼は興奮し、歌詞が書かれた紙を見ながらぶつぶつ歌うほど喜びます。

ミドリはそんな彼の姿を見てかもめ食堂もなかなか大変そうだなと思いましたが、とりあえず観光をするために店をでました。

有名な観光地をひと通り回り、サチエが帰ってくるとミドリは今日一日考えたことを話します。

このまま居候をするのも気がひけるので、食堂を手伝わしていただけないでしょうか?

ある程度お金は持ってきているので給料が欲しいなんて言いません。掃除でもなんでもします。」

ミドリがそう言うと、快くサチエは受け入れてくれました。

かもめ食堂料理の腕と香りは比例する

 

ミドリのおかげで

メニュー表に色がついた。

そしてサチエの努力で、

ようやく花が咲き始めた。

かもめ食堂サチエが唯一苦手なこと

従業員を雇うことになったサチエはすこし気持ちが引き締まります。

ふたりは準備をして市場で買い物をしますが、買い出しが少なかったのでミドリはこれだけかと、少し不安になりました。

でもなぜか妙に明るいサチエは、

「何とかなりますよ。まじめにやっていれば。正直にやっていればどうにかなります。」

と一見楽観的に見えますが、今までの苦労と自分がやってきたことを信じることが出来ればぜったいうまくいくとサチエは分かっていました。

そしてかもめ食堂に到着すると、今日もまたトンミが店の前に待っています。

新しく来たすこし身長の高いミドリは近所の人から早速注目の的になりますが、まったくフィンランド語が話せないので愛想だけで対応していました。

午後になるとすこし客足が落ち着いたのでミドリに店の感想を聞くと、

「メニューがすこしシンプルすぎる気がします。」

遠慮がちに言ったあと突然・・

「よかったら描いてみましょうか?」

と、ペンでサラサラとおにぎりの絵を書きはじめました。

じつは絵のコンクールに入賞したことがあるというミドリ。

料理上手で頭が良いサチエでしたが、唯一絵が苦手だったということもあり、店の役に立てたとミドリはホッと胸をなでおろします。

かもめ食堂興味を持っていた人々が来店

午後になると、トンミが学校からまたかもめ食堂に戻ってきました。

いつもの席に座りメニュー表の絵をミドリが描いたと聞くと絶賛してくれました。

そんな彼を見ていると大げさだなと思いつつ、褒められるとまんざらでもない気持ちになり描く手が進みます。

そんなかもめ食堂をいつも外で見て、噂をしていた3人組の女性客が突然入ってきました。

映画だとシナモンロールの香りにつられて彼女たちは初めて入ってきます。

そして3人はコーヒーと紅茶とシナモンロールを注文しました。

「味も美味しかったしとても良い店ね。また来るわ。」

と満足気に帰っていきました。

ようやく地元のお客さんが来てくれたことで、サチエとミドリは本当に嬉しかったようです。

かもめ食堂料理のメニュー改善をミドリが提案

 

サチエにとって譲れない事がある。

でも違う意見を聞くと、

これから新しい発見が出来る。

そして新たな来客者の存在が、

これからふたりに影響する?

かもめ食堂やっぱり王道の3種類

サチエのおにぎりに対する想いは強く映画でも描かれていましたが、原作の小説でももちろんエピソードはあります。

おにぎりを食べてもらうためにフィンランド人向けに改良するべきだとミドリが提案すると、休みの日に2人で試作を始めました。

メニューとしては天ぷらにしたザリガニおにぎりと、鹿肉のおにぎり、ニシンのおにぎり三点です。

食べてみるとどれも微妙な味で、サチエはあまり乗り気ではありません。

やっぱりおにぎりは日本のソウルフードだから、鮭・おかか・昆布・梅干しだと、ビシッとミドリに言います。

サチエにとって父が握ってくれたおにぎりが基本なのでぜったい譲れないものだと思います。

そして何か役に立ちたくて頑張っているミドリの気持ちもわかりますよね。

でもお互い我を押し付けず歩み寄る2人の関係はとても素敵だと思いました。

サチエも本当は売り上げも大事だということはわかっていましたが、それを1番に考えるより来てくれた人が楽しく食事をして楽しく帰ってくれることを優先したいと考えていました。

派手な宣伝ではなく、食事や居心地が良ければ必ずお客さんが来てくれると・・。

かもめ食堂突然の訪問者

それからいつものようにかもめ食堂は営業していましたが、窓ガラス越しに50代のおばさんがなぜかこちらをみて睨みつけています。

サチエとミドリは店内から微笑みかけますが、むっとした表情で立ち去ってしまいました。

すると次の日の夕方もまたそのおばさんが外に立っていたので見てみると、すこし離れたところに東洋人らしき人が店内をのぞいていたので、

まさかの2人登場にミドリは思わず・・

「うわー、1人増えてる。」

とサチエに伝えると、東洋人のおばさんだけ店のなかに入ってきました。

「いらっしゃいませ。」

ととっさに日本語で言うと、

「あ、ど、どうも、こんにちは。」

まさか日本語で返ってきたので何気に話をしていると急に泣き崩れ、

「空港で荷物が着かないトラブルに見舞われた。」

と嘆いていました。

そこで途方に暮れていた時、かもめ食堂の前に偶然来たようです。

結局数日後に荷物は無事に見つかったようですが、観光ではないという彼女にはなにか理由があるようです。

名前はマサコで、映画ではもたいまさこさんが演じていました。

あらたに登場した彼女ですが、はたしてサチエとミドリにどう関わっていくのでしょうか?

サチエがフィンランドで食堂を始めた理由はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」小説で分かったサチエがフィンランドを選んだ理由

かもめ食堂が変化していく様子はこちらの記事をご覧ください。

「かもめ食堂」サチエがおにぎりにこだわる理由とミドリの出会い

「かもめ食堂」フィンランドの街で偶然出会った3人の女性

「かもめ食堂」結末でみんな幸せになることが出来る?

かもめ食堂の映画を見る



以上、

「かもめ食堂」料理の良さを伝えるために唯一したある行動でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。