「動物のお医者さん」最終回は驚きの展開!無事に開業できる?

 

 

二階堂はハムテルのことを、

思って取った行動だったが、

裏目にでる・・。

「動物のお医者さん」は佐々木倫子さんの作品で1987年から1993年まで花とゆめで連載されていました。
単行本は12巻まで発売されています。
コミック文庫や愛蔵版も人気で、累計2000万部以上の売り上げを記録しています。
2003年には俳優の吉沢悠さん主演でテレビドラマが放送されました。
  • 動物のお医者さんの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「動物のお医者さん」ハムテルが登場人物のなかで一番普通?

「動物のお医者さん」菱沼聖子の摩訶不思議な行動に全員唖然

「動物のお医者さん」チョビの成長は漆原教授なしでは語れない!

「動物のお医者さん」 登場人物の個性炸裂!必死過ぎる学生の日常

「動物のお医者さん」犬ぞりの魅力に取り憑かれたハムテルたち

「動物のお医者さん」シーザーが逃亡!犬ぞりレースに危険信号?

「動物のお医者さん」犬ぞり三度目の正直で優勝出来るか?

「動物のお医者さん」漆原教授が分かる破天荒なエピソードを厳選

「動物のお医者さん」 二階堂が修業へ|理想と現実が違いすぎ?

  • 女性向けの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「おじさまと猫」人気の理由はふくまるの可愛さだけじゃない?

「おじさまと猫」ふくまるの健気さが毎回泣けると話題

「ちはやふる」が面白いと言われるのには3つの理由があった!

「義母と娘のブルース」で感動する話と面白さの絶妙なバランス

「義母と娘のブルース」でひろきとみゆきの恋の行方はどうなる?

「義母と娘のブルース」の原作でたどる結末と亜希子の人生

益田ミリ「すーちゃん」仕事か恋か・・本音は両方手に入れたい!

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

ハムテルは北海道にあるH大学の獣医学部に進学し、親友の二階堂とともに獣医を目指し奮闘する中でさまざまな人や動物に関わります。
ハムテルと二階堂は動物病院での修業を終え、次は開業・・と言いたいところですが、まだ腕に自信がありません。
そして同じH大学にいた清原たちは他の講座の人達と開業したので、二階堂は自分がハムテルの足手まといになるからと漆原教授に他の就職先をお願いします。
ところがそこはハムテルの家から近い西町家畜診療所でした。
はたしてこのままハムテルと二階堂は別々の道を進むのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
今回は以下のような内容でご紹介しています。
動物のお医者さん最終回で開業が現実になる?
動物のお医者さん最終回で大きな問題に直面
動物のお医者さん最終回で理想の動物病院
個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。
あくまでも参考程度にご覧ください。

動物のお医者さん最終回で開業が現実になる?

 

祖母タカの行動は、

いつも予想できないけど、

大胆なところが面白い。

動物のお医者さんライバル病院の存在

ハムテルと二階堂が大学にある家畜病院以外での修業を終え開業のことを考えていると、祖母のタカが誰かと長電話しています。
すると突然・・
「清原くんたちが開業するんだって!」
と興奮しながら言いました。
詳しく聞いてみると専門が違う講座の4人で、お互いの知識を生かし開業する予定のようです。
そして場所決めがかなり難しかったようですが、ハムテルの場合は広い家と敷地があるので問題はありません。
ただ・・大きなハードルとして近所にライバルとなる動物病院がありました。
しかもその病院は祖母が若い頃飼っていた犬を連れて行き、爪を切ってもらったのはいいですが流血してしまい未だに恨んでいました。
でも現在孫がやっているようなので、もう関係ないような気がしますが、
「あそこの病院にだけは負けるんじゃないよ。」
と祖母が興奮して言います。
すると今はどうなったのかどうしても見たいと言って聞かないので、チョビを連れ西町家畜診療所の偵察に行きました。

動物のお医者さん祖母が過去を思い出す

西町家畜診療所の扉を開け、慌てた雰囲気でこう叫びました。
「先生大変です。犬のウンコの中に寄生虫が!!」
以前診てくれた先生の顔とそっくりでタカは一瞬驚きますが、(孫なのでとてもにていた)
「便もってきましたか?」
と冷静に言われ差し出すと、寄生虫ではなくチョビが食べたみかんが便に混じっていただけでした。
もちろんそのことを分かった状態で持ってきましたが、先生はただの勘違いと的確に見極めます。
そして治療をしていないからお代もいらないと言われ・・
  • 清潔な設備
  • 的確な診断
  • 恩情会計
    ・・これだとハムテルが負けるかもしれない・・そう思った瞬間、
    ウンコを返されます。
    捨ててくれればいいのに返すなんて・・デリカシーがないとタカは怒りますが、その事がきっかけで忘れていた昔のことを思い出します。
    タカの少女時代・・その頃飼っていた犬のコロが下痢をしてしまい更におしっこの色が橙色だったので、西町家畜診療所に連れて行きましたが、診断するためにおしっこが必要だと言われます。
    すると自宅ではなかなかしてくれないので、散歩の時必死に集めて持っていくと・・。
    先生は匂いを嗅ぎ色を見て下剤の漢方だとすぐ気づきました。
    すると苦労して集めた尿を検査もせず、すぐに捨ててしまいます。
    タカはそのことをいまだに恨んでいました。
    ハムテルはその話を聞いて、先々代からの教訓で飼い主の気持ちを汲んで持ってきた便やおしっこを返すようになったのでは?と解釈しましたが、祖母は納得しませんでした。
    そんな祖母をみてハムテルと二階堂は、
    「もし開業をしてこんな人が畜主として来たらいやだな・・。」
    とつくづく思いました。

    動物のお医者さん最終回で大きな問題に直面

     

    ハムテルと二階堂は、

    ずっと二人三脚でやってきた。

    それが突然別々の道に進むなんて・・。

    動物のお医者さん祖母・両親の勘違い

    祖母のタカが急に、
    「博士課程ドクターコースはやめていいのかい?」
    と聞いてきました。
    どうやら清原たちの動物病院開業話しがよっぽど羨ましかったようで、ハムテルにも勧めてきたのです。
    清原たちは専門がばらばらなので、どうにかなりそうですが二階堂と2人だとまだ腕に自信がないので踏ん切りがつきませんでした。
    それに以前祖母が偵察に行った西町家畜診療所がかなり近いので、テリトリーの問題が重く乗りかかります。
    ある日ハムテルは夜学校にいると、西町の先生がH大を訪ねて来ました。
    なぜこんなところに?と不思議に思っていると菱沼が、
    「開業しても大学との付き合いはあるし、大切よね〜。」
    と言われもし開業しても漆原教授と縁がきれないことにガッカリします。
    そしてハムテルが家に帰ると突然両親が帰ってきました。
    理由を聞くとどうやら祖母からの国際電話で、もう動物病院を開業していると勘違いしていたようです。
    タカも両親も完全にテンションが上り、病院の名前や駐車場はどうするか考えていましたが、その前に一番大事な問題がありました。
    それは医療機器を買う資金がないということです。

    動物のお医者さん相手を思った気持ちが空回り

    ハムテルはもちろん今すぐ開業するつもりはありましたでしたが、そんな話を聞きながら二階堂はだんだん不安になります。
    自分は・・
    • 貯金もない。
    • 土地もない。
    • 経理もできない。
    • 営業部長はチョビがいる。
    ・・いつまでもハムテルに頼っていいのだろうかと考えはじめました。
    そんなときタカが、
    「西町の先生はかなり高齢で後継ぎがいないから時間の問題だ。」
    と言われ周りが背中を押すなか、二階堂はある決意をします。
    このままだとハムテルの足手まといになると思い、漆原教授に就職先を探してもらうことにしました。
    すると後継者がいない医者が全てを譲ってくれるという凄い良い条件を提案されます。
    そして二階堂はその案件を受け入れますが、そこはまさかのハムテルの近所にある西町家畜診療所だったのです・・。

    動物のお医者さん最終回理想の動物病院

     

    理想の医者や理想の病院を、

    思い描いてきたけど、

    今まで出会った人たちとの縁を、

    大切にしたい。

    動物のお医者さん二階堂の誤算

    みんなが驚くなか、一番驚いたのは二階堂でした。
    慌てて漆原教授に、
    「後継の件、まだ正式にうけてないですよね?」
    と尋ねるとすでにもらったケーキを漆原教授と菅原教授(事情を知らずに)が食べていました。
    二階堂は自分で断ろうと西町家畜診療所を尋ねますが、後継ができたと喜ばれます。
    後に引けなくなりますが、ハムテルの家族会議で色々突っ込まれました。
    • 西町じゃなかったら断るつもりだった。
    • ハムテルの足手まといになると思ったから就職するつもりだった。
    • でも結局一番足手まといなのは自分だった。
      ハムテルはこちらのことは気にしないでくれと言ってくれますが、引き止められなかったことにショックをうけます。
      2人はこのまま、別々の道を進むのでしょうか?

      動物のお医者さん二階堂の弱点

      ハムテルは祖母に開業は当分見合わせると言いました。
      一番のネックは二階堂が居なくなったことだとようやく認め、ひとりだと勢いがつかないとハムテルは落ち込みます。
      菱沼がその事実を二階堂に告げると、
      「俺だって本当は一緒にやりたかった。」
      と後悔します。
      はたして二階堂は西町の先生に断ることができるのでしょうか?
      その頃漆原教授は・・・師走なのに大学でバタバタしていました。
      ハムテルは両親が帰ってきていたので大学に来れないし、二階堂は西町で診察していたので漆原教授の世話をする人がいません。
      菱沼が二階堂のことを、
      「だから安売りしないでとっておけばよかったのに・・。」
      と言われ漆原教授は、二階堂は重大な弱点があるから相手から断ると思っていました。
      ・・・それはもちろんネズミが嫌いということです。

      動物のお医者さん開業への一歩

      二階堂は結局断ることができず西町家畜診療所で働いていましたが、ハムスターやリスなどネズミ系が多かったのでハムテルに助けを求めます。
      どうにかその場はなんとかなりましたが、ホッとしたのもつかの間・・排水口からネズミが顔を出したのを見て思いっきり叫んでしまいました。
      その声をちょうど駆けつけた漆原教授たちも西町家畜診療所の前で聞いていました。
      診療が終わり、
      「ネズミは結構くるからね〜〜。」
      と残念そうに話していると西町の先生がハムテルに気づき、今住んでいる場所で開業するのか問いかけます。
      できればそうしたいと答えると、
      「5歳の曾孫が獣医になりたいと言っているが、開業するなら新しい機材を揃えたい。・・よかったらうちの機材を譲ってあげよう。まだ働きたいから2、3年後になるけど。」
      その言葉を聞いてみんな歓喜しました。
      ハムテルと二階堂がめでたく開業に向けて新たな一歩です!
      そしてハムテルたちは家に帰り、クリスマスと開業祝いを始めました。
      すると漆原教授は、
      「その頃には定年になっているから顧問になって大動物を担当する。」
      と言ったり菱沼が血液検査担当で祖母は小鳥担当・・それを聞いたハムテルは、
      「そんな大きな病院ではないですよ。」
      とツッコミますが、夢が膨らみますね。
      開業までの道のりは遠いですが、土台はできました。
      他にも個性的なメンバーたちや、動物たちのエピソードなど面白いお話がたくさんあるので、是非原作をご覧ください。
      犬ぞりのエピソードはこちらの記事をご覧ください。
      created by Rinker
      ¥18,392 (2021/10/26 04:47:45時点 楽天市場調べ-詳細)

      以上、

      「動物のお医者さん」最終回は驚きの展開!無事に開業できる?でした。

      このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。