「逃げ恥」番外編で百合が大きな決断?気になる恋の行方

 

 

きっといままでたくさんの後悔を、

繰り返したことだろう。

でも彼への気持ちを終わらせることは、

容易ではなかった。

【中古】 【コミックセット】逃げるは恥だが役に立つ(全9巻)セット/海野つなみ 【中古】afb

「逃げるは恥だか役に立つ」は海野つなみさんの作品で Kissで2017年2月まで連載されていました。

単行本は全9巻まで発売されています。

2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門を受賞し、2016年に新垣結衣さんと星野源さん主演でドラマ化もされました。

  • 逃げるは恥だか役に立つの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「逃げ恥」事実婚という新たな結婚のカタチ|みくりの戦略

「逃げ恥」原作でみくりと平匡の関係がバレた!予測不能の展開へ

「逃げ恥」風見の登場で恋の嵐の予感!平匡は平常心を保てるか?

「逃げ恥」 新婚旅行は最大のピンチ?それとも・・?

「逃げ恥」恋がいよいよ動き出す!2人の関係に変化が現れる

「逃げ恥」原作結末でみくりと平匡に試練!幸せの形は見つかる?

「逃げ恥」百合と風見の出会いは最悪!でも気持ちに変化が・・

  • 恋愛に関する漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「深夜のダメ恋図鑑」に共感する女性が増加中?今どきの恋愛事情

「深夜のダメ恋図鑑」のドラマでも毒舌なセリフは健在だった

「深夜のダメ恋図鑑」名言に納得!でも男女で受け止め方が違う?

「深夜のダメ恋図鑑」5巻で円が食事した人はあの自己中男?

「凪のお暇」元カレ慎二の信じられない行動に凪はどう対抗する?

「凪のお暇」ゴンのクズすぎる性格が発覚!凪の生活が激変する

「凪のお暇」ゴンの優しさは中毒になる?凪、依存からの脱却!

「俺物語!!」人気の秘密は少女漫画とは思えない主人公の存在感

「俺物語!!」猛男が実はモテるって本当?想いを寄せる女性多数

「俺物語!!」登場人物の個性が光るエピソードを紹介!

「いつかティファニーで朝食を」ストーリーに共感する女性の心理

「いつかティファニーで朝食を」高浪と劇的な出会い!麻里子の恋

「いつかティファニーで朝食を」原作で描かれる女性達のこれから

「恋は雨上がりのように」あきらと店長の恋の行方に賛否両論?

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

いよいよ原作の続編が2019年1月から連載再開されます。

みくりと平匡がめでたく籍を入れた裏では、叔母である百合と結婚に抵抗のある風見のロマンスが少しずつ進行していました。

恋心に気づいた風間は百合に気持ちを打ち明けますが、あっさり振られてしまいます。

このままふたりはただの友人で終わってしまうのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

逃げ恥番外編の前にポジティブモンスター出現

逃げ恥番外編は百合の決断がもたらした結果

逃げ恥番外編は初めてのことばかりだった

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

 

逃げ恥番外編の前にポジティブモンスター出現

 

自分の気持を伝えることは、

悪いことではないが、

押し付けるものではない。

逃げ恥でモテ男が取った行動

百合と風見の恋の経過はこちらをご覧ください。

「逃げ恥」百合が風見と恋に落ちるまで|出会いは最悪だった?

風見に対する百合の印象は最悪でしたが、関わっていくうちにふたりは親密になっていきます。

そして風見が告白しますが、年の差を気にしてあっさり振られます。

最初は嫌われていたこともわかっていた風見

それでも百合と会うたびに嬉しさは募っていたため、今回の失恋はとてもショックでした。

あまりにも悲しくて家でぼーっと過ごしていると携帯が鳴ります。

相手は同じ部署で働く五十嵐ですが、彼女は風見のことを気に入っていました。

いつもなら無視しますが、誕生日という夜に一人でいるにはあまりにも辛かったのです。

初恋以来の失恋・・。

モテ男だけど純粋で優しい風見。

心も弱り、人恋しくなりますよね。

逃げ恥で若さが正しいと思う女性

百合は今更ですが、風見を振ってしまったことを後悔します。

これから先きっと、あんないい人から口説かれることもないだろうと思い、このときめきとハグを思い出に生きていこうと決めます。

そしてある日、百合がランチに出かけると一人の女性が声をかけてきました。

「風見さんにあなたのことを聞いて、話をしたくて・・。一緒にランチはいかがですか?」

それは風見に好意を抱く五十嵐安奈でした。

風見が十数年ぶりに恋に落ちたと話していたので、色々調べた結果彼女にたどり着いたのです。

席に座ると初対面でよく知らない相手に向かっていきなり年齢差があるのに風見を束縛しているような口ぶりで話を始めます。

すると百合は、

「自分が居なかったら彼はあなたとは付き合うと思う?もしそうならとっくに付き合えていると思う。」

と言いました。

逃げ恥番外編は百合の決断がもたらした結果

 

年齢や周りの目は常に気になる。

でもこのまま逃げていたら、

もっと後悔する。

逃げ恥で百合が自分に言い聞かせた言葉

実際百合は風見を束縛するどころか、はっきり断り突き放していました。

そして今現在風見は誰とも付き合っていない・・それが事実です。

五十嵐としては若い自分には目もくれず年上の女性に夢中なのが気にくわないのだと思います。

年を重ねるなんて障害でしかないと思っている彼女に、

それは自分で自分自身に呪いをかけているようなもので、将来自分が馬鹿にしていたものになるのはつらいわよ。

と話します。

みんないつまでも若いままではいられません。

そんな呪いからは逃げた方がいいと教えます。

さっきまで立て続けに話していた五十嵐は百合が放った言葉になにか思うものがあったのでしょうか?

店を出て百合に、今風見のことをどう思っているか聞くと・・

「大好きよ。」

と返事しました。

逃げ恥でふたりがようやく素直になった日

その日の夜、風見から五十嵐のことを謝りたいとメールがきます。

ふたりは再び会うことになりました。

失礼なことばかり言っていた五十嵐でしたが、百合に言われたことが響いていたようです。

風見自身もハッとさせられることがあったようで、もう一度百合に気持ちを伝えます。

もし気持ちが変わらないのなら、きっぱり諦めて前に進むと言う彼に、百合も気持ちを打ち明けました。

「私もあなたが好き・・。」

と・・。

ようやくふたりの想いは届きましたね。

実は五十嵐が風見に百合の気持ちを伝えていました。

お互い好きなのになぜふたりは付き合わないのか?と・・。

ポジティブな彼女としてはなぜそうするのか分からなかったようです。

あいだに入ってくれたおかげでふたりの役に立つなんて思いませんでしたね。

そしてみくりも百合の家で居候していましたが、ようやく仕事が決まり平匡の家に戻りました。

すると、

みくりがいないなら泊まりに行きたい

と風見に言われ百合は動揺します。

なぜなら百合は今まで男性経験が一度もなかったのです。

逃げ恥番外編は初めてのことばかりだった

 

もう経験することはないと、

覚悟はしていたけど、

彼はとても優しく受け入れてくれた。

逃げ恥で風見の優しさが百合の気持ちを変える

25歳も下の風見とお付き合いが始まった百合ですが、悩みを抱えていました。

話もあうし何一つ不満はありませんでしたが、ただ一つ・・。

百合はいままで男性経験のない処女でした。

風見が泊まりに来たいと言ってから、なんとなくはぐらかしてきましたが、このままではいけないと思い産婦人科の先生に相談すると、かなり大変かもしれないと言われます。

そのために筋トレをしたり、あらゆる準備を始め挑むことにしました。

そして風見と会いいつものようにお酒を飲み、お別れする予定でしたが・・。

次の週末に泊まりに来ないか誘います。

風見の嬉しそうな顔を見て、

「私はこの顔がずっと見たかったんだわ。」

と改めてその日に向けて用意を始めました。

いよいよお泊り当日。

食事をしていい雰囲気になりいざ寝室に入りますが、なかなかうまくいきません。

風見が申し訳なさそうにするので、とうとう告白します。

処女ということを・・。

この言葉を言うことはかなり勇気がいったと思います。

でも風見は優しくこう言いました。

「行為そのものが好きでたまらないわけではないので、好きな人と肌が触れたりじゃれあうことが好きだと思います。」

と言ってくれ、安心した百合はそのまま風見に体を委ねます。

その後ふたりはまったりした時間を過ごしますが、結局結ばれたのは1カ月ほどかかりました。

焦ることなくじっくり育む百合と風見の恋愛は素敵で、始まったばかりの恋模様がこれからどう進展するのか楽しみですね。

「逃げ恥」でみくりと平匡の出会い、そして恋の行方が気になる人はこちらの記事をご覧ください。

「逃げ恥」で事実婚を選んだ理由と周りの反応が面白い

「逃げ恥」原作あらすじ|みくりと平匡の関係がばれて新たな展開

「逃げ恥」で風見の登場で平匡の自尊感情はコントロールできる?

「逃げ恥」 新婚旅行は最大のピンチ?それとも・・?

「逃げ恥」で恋がいよいよ動き出す!ふたりの関係に変化

「逃げ恥」原作結末は一体どうなる?ふたりで選択した道

逃げるは恥だが役に立つのドラマを見る

以上、

「逃げ恥」番外編で百合が大きな決断?気になる恋の行方でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。