「いつかティファニーで朝食を」高浪と劇的な出会い!麻里子の恋

 

 

いつでも出会いが

良いものであるとは限らない。

どんな時でも自分の軸を、

しっかり持っていたい。

「いつかティファニーで朝食を」は、マキヒロチさんの作品で月刊コミックパンチで連載されています。

単行本は現在13巻まで発売されていますが、累計発行部数は100万部を超えているほど人気の作品です。

  • いつかティファニーで朝食をの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「いつかティファニーで朝食を」ストーリーに共感する女性の心理

「いつかティファニーで朝食を」原作で描かれる女性達のこれから

  • 恋愛に関する漫画の記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「深夜のダメ恋図鑑」に共感する女性が増加中?今どきの恋愛事情

「深夜のダメ恋図鑑」のドラマでも毒舌なセリフは健在だった

「深夜のダメ恋図鑑」名言に納得!でも男女で受け止め方が違う?

「凪のお暇」元カレ慎二の信じられない行動に凪はどう対抗する?

「凪のお暇」ゴンのクズすぎる性格が発覚!凪の生活が激変する

「凪のお暇」ゴンの優しさは中毒になる?凪、依存からの脱却!

「俺物語!!」人気の秘密は少女漫画とは思えない主人公の存在感

「俺物語!!」猛男が実はモテるって本当?想いを寄せる女性多数

「俺物語!!」登場人物の個性が光るエピソードを紹介!

「逃げ恥」事実婚という新たな結婚のカタチ|みくりの戦略

「逃げ恥」原作でみくりと平匡の関係がバレた!予測不能の展開へ

「逃げ恥」風見の登場で恋の嵐の予感!平匡は平常心を保てるか?

「逃げ恥」 新婚旅行は最大のピンチ?それとも・・?

「逃げ恥」恋がいよいよ動き出す!2人の関係に変化が現れる

「逃げ恥」原作結末でみくりと平匡に試練!幸せの形は見つかる?

「逃げ恥」百合と風見の出会いは最悪!でも気持ちに変化が・・

「逃げ恥」番外編で百合が大きな決断?気になる恋の行方

「恋は雨上がりのように」あきらと店長の恋の行方に賛否両論?

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

「いつかティファニーで朝食を」はトリンドル玲奈さん主演でドラマ化されています。

2015年10月から12月までSeason1の放送、2016年1月から3月までSeason2が放送されていました。

最初タイトルを見たときに、聞いたことのある名前だなと思ったら・・オードリーヘップバーン主演の映画ティファニーで朝食を」ですね。

内容は関係ないらしいですが、単行本の表紙はオードリーヘップバーンをモチーフにしています。

ちなみに映画では、オードリーヘップバーンが演じるホリー・ゴライトリーはマンハッタンでパーティーガールをしていました。

自由気ままに見えますが、いつかお金持ちの男性と結婚するのが夢です。

そんな彼女は落ち込むと、5番街にある高級ジュエリーショップ店「ティファニー」のウィンドウを眺めながら朝食をとっていました。

1話でも麻里子は映画「ティファニーで朝食を」でそのシーンを創太郎に話しています。

(創太郎の心のは響きませんでしたが・・・)

主人公である麻理子は創太郎と別れたあとなかなか運命の男性に巡り会えません。

そんなある日友人と台湾へ旅行へ行きます。

そこで運命的な出会いをしますが、どう展開いていくのでしょうか?

麻里子の新たな恋愛、そして懐かしのあの人も登場しますので詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

いつかティファニーで朝食を高浪との出会い

いつかティファニーで朝食を高浪と急展開

いつかティファニーで朝食を高浪とすれ違い

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

いつかティファニーで朝食を高浪との出会い

 

運命の出会いがしたいと

思う彼女の前に

彼が現れた瞬間、

王子様に見えた。

いつかティファニーで朝食を旅行の目的

「いつかティファニーで朝食を」はさまざまな土地に行くのも特徴の一つです。

仕事だったり友人との旅行だったり。

今回は女性3人で台湾に行きます。

仲良し4人組のうち栞ちゃんは家庭があるので不参加です。

残り3人のメンバーの簡単な紹介をすると・・

まず主人公の佐藤麻里子はアパレル会社に勤務しています。

東京に住んでいるので最近は朝食でいろいろなところを巡るのが趣味になっています。仕事も忙しいですが地方への出張で朝ごはんも楽しみの一つです。

阿久津典子はバーの雇われ店長でしたが、群馬の実家に帰り母親が経営するコンパニオンの派遣会社を手伝っています。麻里子とは二人で朝食をよく食べに行き一番の理解者です。

そして学生時代からの夢である留学を決意します。

新井里沙は以前失恋をしたことで男性と向き合う勇気がなくなりましたが、それがきっかけでヨガのインストラクターになります。

その後高校時代憧れていた米谷くんと再会してお付き合いが始まります。

三人とも留学や彼氏の事や仕事の変化などそれぞれ転機の時ですが、会えるときはできるだけ集まるというスタンスは変わりません。

そして無事に台湾に着き、みんなで1番の楽しみを聞きあうと麻里子の返事はまさかの

運命の恋がしたい・・・

あれれ?朝食じゃなく?

この言葉がのちに影響します。

まあうれしくない理由で運命の出会いをしますが、のちほど。

いつかティファニーで朝食をトラブル発生

台湾で初日を過ごし、次の日は楽しみの一つである朝食を後輩の菅谷がすすめてくれた店で食べます。

満足して店をでると麻里子はスマホを落としたことに気づきます。

3人で慌てていると日本人の男性が声をかけてくれ、一緒に探してくれることに

そして無事スマホは見つかりホッとしていると・・・

彼は麻里子を食事に誘いますが、いきなりのことだし友人もいるので今回はお断りしました。

でもそれから何をしていても気になって仕方ありませんでした。

その後何度か会うチャンスがありましたが、仕事のトラブルもあったので結局再会できず、連絡先も聞かずに日本に帰ることになります。

運命の出会いはトラブルがきっかけで何か進展があるかな・・・と少し期待しましたが、台湾では不発に終わりましたね。

でも物語はもちろんこのままでは終わりません。

いつかティファニーで朝食を高浪と急展開

 

心から彼と

再会してほしいと願った。

麻里子には幸せになってほしいと

本当に思ったから。

いつかティファニーで朝食をあの人と再会する

夢のような楽しい台湾旅行はあっとゆう間に終わり日常に戻ります。

そして職場に行くと新しく入ったデザイナーとして紹介された男性をみると・・・

なんと台湾で出会った高浪さんだったんです。

しかも後輩の菅谷も前の会社が一緒だったので、よく知っている人でした。

実は高浪はスマホを探しているときに麻里子は仕事の事や会社名を言っていたので知っていたはずですが、なぜそのときに言ってくれなかったんでしょう?

疑問に思いましたが、ただ単に面白がって言わなかったようです。

いたずら好きと言っていいのか微妙ですが・・・。

そしてその流れで夜食事に誘われます。

グイグイくる高浪さんですが、どう考えても麻里子に気がある雰囲気でしたね。

さらに食事が終わっても、

僕たち気があうと思わない?」

と気のあるそぶりを見せられ、そんな高波に揺れる麻里子ですが、突然のことで動揺してしまいまともな返事ができませんでした・・。

いつかティファニーで朝食を恋人関係になる

麻里子は色々悩みますが、考えてもしょうがないし幸せになる!と誓ったので前に進むことを選びます。

そして高浪と食事に行き楽しい時間は過ごせますが、付き合うとなると同じ会社という微妙な関係性なので悩みます。

モヤモヤしながら、

「じゃ今日は帰ろっか。」

と高浪が言った瞬間・・・

今日はまだ高浪さんといたいです!

といいそのまま高浪の自宅へ。

2人は晴れて恋人になりました。

こういう場合は勢いが必要になりますね。

年齢を重ねると少しの事でも気になって前に進めないけど、ここで勇気を出した麻里子は素敵だと思います。

そして友人たちにも彼のことを報告すると、出会いから恋人になるまでが漫画のような展開だと驚かれます。

ただ麻里子にとって彼氏は創太郎以来3年ぶりだったので接し方に悩みます。

でもこれからは彼と一緒に楽しく過ごそうと思っていましたが、お互いの価値観の違いに気づき問題が生じてしまいます。

いつかティファニーで朝食を高浪とすれ違い

 

価値観の違いで

自分を偽ってしまうと

後戻りできなくなる。

いつかティファニーで朝食を我慢する恋愛

久しぶりの彼氏にうれしくなり彼に合わせる麻里子でしたが、次の日が仕事だったのでもう寝ようと言うと高浪は夜型でいつも3、4時間の睡眠しか取らないといいます。

しかも眠剤を飲まないと寝れない彼に合わせるうちに、麻里子まで朝起きれないという悪循環に陥ります。

そしていままでは職場の同僚や友人と仕事の前に朝食に行っていましたが生活のリズムも崩れ、だんだん友人と過ごす機会が減ります。

仕事のあとも高浪に気を使い電話をしますが、そっけない態度を取られたり・・なぜ冷たくされるのか分かりません。

この頃から会社でもぼんやりする機会が増えました。

イキイキしていた頃の麻里子ではないので、高浪のようなこじらせ男子がする行動は相手のペースを奪うのでとても厄介です。

そんな日々がなんとなく続き麻里子は結局高浪と付き合って半年が経過してしまいました。

普段は趣味も合うし一緒にいて楽しいし尊敬できますが、自分の思い通りにならないと急に機嫌が悪くなるそんな彼に麻里子は一喜一憂します。

いつかティファニーで朝食を前に進む沖縄出張

いつも高浪の顔色を伺いながら付き合いをつづけることに疲れ始めます。

別れるのは怖いけど、でもこのままでは精神が病んでしまう・・・そんな時沖縄へ出張することになりました。

ここで少しは気分転換になるのでしょうか?

部長が勧めてくれた沖縄第一ホテルで久々の朝食を食べます。

シークワーサージュースを飲み、ゆし豆腐や島らっきょうなど沖縄を満喫しますがどれもヘルシーで、全部食べてもアンパン一個分しかないくらいカロリーが低いそうです。

これなら朝から癒されて活力がつきそうですね。

麻里子が久しぶりに朝食で笑顔になる瞬間でした。

ただ、高浪にラインをしても返事がこないことに悩みます。

でも自分の年齢を考えるとこれくらいのことで悩んでも仕方ない、妥協が必要なのかなとも考えます。

そして常に麻里子は何かに囚われているようでした。

その日は無事仕事もこなし、職場のみんなで夜餃子を食べに行きますが、ここで今後を左右するきっかけの彼に再会します。

いつかティファニーで朝食を元カレの変化

店では相席になり、たまたま座った席の隣に・・・

まさかの元カレ創太郎がいました。

こんな偶然あるでしょうか?

驚きますが、2人は意外と自然な雰囲気で話しができます。

創太郎は以前より余裕がある感じでした。

そして次の日行きたいと思っていた店で朝食する約束をします。

それはプラウマンズ・ランチ・ベーカリーという店でおしゃれな雰囲気漂う南国といった店構えがかなり素敵です。

沖縄ならではのパパイヤやイチジクなどの食材を使ったサンドはその土地じゃないと味わない食材ですよね。

そして人参とトマトのポタージュやゴボウのポタージュも濃厚で美味しいそうでした。

体の隅々まで栄養が巡りそうです。

創太郎は以前食に興味がありませんでしたが、仕事柄出張先でランチをする機会が増えていました。

麻里子が朝食にこだわっていたこと、一緒に食事をとる大切さを理解していなかったこと、そんな当時の自分の態度を謝ります。

そして創太郎が幸せになってねと言ってくれてある決意をします。

東京に戻ったら高浪と別れること。

創太郎の成長を見て自分が立ち止まっていたことを恥ずかしく思います。

東京に戻り友人にその話をすると、次の相手ができるのか分からないので考え直した方がいいと言われ決断が揺らぎます・・。

だけどのりちゃんだけは他の人と言うことが違いました。

今の自分のこと自信を持って好きって言えるか?と言われます。

どうするべきなのか?そんなモヤモヤを抱えたままでしたが・・いよいよ高浪と会います。

そして高浪に自分のことをどう思っているか聞きますが、逆に僕のことどう思っているかと聞き返されます。

ラインの返事がないことも好きならもっと色々聞いてくるはずと言われます。

高浪はやっぱり重症なこじらせ男子でした。

会話が成り立たない相手と話しているうちにもう無理と感じ、あっさり別れを告げます。

最後は本当にびっくりするくらいすぐに別れましたね。

でもなんか憑き物が取れた感じでした。

でも気持ちは完全に決まっていたと思うので自分を偽るくらいなら絶対別れて正解だったと思います。

麻里子にはまた朝ごはんの楽しさを思い出してほしいです。

created by Rinker
¥7,524 (2021/09/23 17:54:09時点 楽天市場調べ-詳細)

いつかティファニーで朝食をドラマを見る

以上、

「いつかティファニーで朝食を」高浪と劇的な出会い!麻里子の恋でした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。