「義母と娘のブルース」感動する話なのになぜかクスっと笑える

 

 

義母と娘は

いつの間にか

本当の親子になっていた。

義母と娘のブルースは桜沢鈴さんの作品で、ぶんか社の「主任がゆく!スペシャル」で連載されていました。

単行本は全2巻で、2011年2月に1巻・2012年6月に2巻が発売されてからは増刷されていませんでしたが、ドラマが決まり2018年7月には上下巻が再登場しました。

4コマ漫画ということもあり読みやすく、ドラマも「ぎぼむす」と呼ばれるほど人気がすごいです。

血の繋がらない母と娘が辿る20年の軌跡が描かれています。

  • 義母と娘のブルースの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「義母と娘のブルース」ひろきとみゆきの恋の行方が気になる

「義母と娘のブルース」の原作でしか描かれなかった亜希子の人生

  • 女性向けの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「おじさまと猫」人気の理由はふくまるの可愛さだけじゃない?

「おじさまと猫」ふくまるの健気さが毎回泣けると話題

「ちはやふる」が面白いと言われるのには3つの理由があった!

「動物のお医者さん」ハムテルが登場人物のなかで一番普通?

「動物のお医者さん」菱沼聖子の摩訶不思議な行動に全員唖然

「動物のお医者さん」チョビの成長は漆原教授なしでは語れない!

「動物のお医者さん」 登場人物の個性炸裂!必死過ぎる学生の日常

「動物のお医者さん」犬ぞりの魅力に取り憑かれたハムテルたち

「動物のお医者さん」シーザーが逃亡!犬ぞりレースに危険信号?

「動物のお医者さん」犬ぞり三度目の正直で優勝出来るか?

「動物のお医者さん」漆原教授が分かる破天荒なエピソードを厳選

「動物のお医者さん」 二階堂が修業へ|理想と現実が違いすぎ?

「動物のお医者さん」最終回は驚きの展開!無事に開業できる?

益田ミリ「すーちゃん」仕事か恋か・・本音は両方手に入れたい!

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

義母と娘のブルースのコミックはドラマが始まるまで正直知りませんでした。

でも原作は4コマ漫画でサクッと読めますし、ドラマのシーンもあったのでかなり楽しめます。

キャリアウーマンで仕事もできて完璧に見える主人公岩木亜希子がなぜ子持ちの不器用な男性・宮本良一と結婚することになったんでしょうか?

そこには底知れぬ感動のエピソードがありました。

暗くなってしまいそうな内容もありますが、亜希子とみゆき2人の掛け合いがかなり面白いので感動のシーンも違和感なく自然に入ってきます。

世間とはかなりずれている亜希子ですが、一生懸命な部分や愛情溢れる展開を詳しく見ていきましょう。

今回は以下のような内容でご紹介しています。

義母と娘のブルースで感動の出会い

義母と娘のブルースで感動の母娘生活

義母と娘のブルースで感動の転職

個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。

あくまでも参考程度にご覧ください。

義母と娘のブルースで感動の出会い

 

行動を起こすことに

理由なんてどうだっていい。

その先にある幸せを信じて。

義母と娘のブルースで感動の結婚秘話

義母になる亜希子は業界トップの会社に勤める営業部長で、バリバリのキャリアウーマンです。

仕事にしか興味がなかった女性が、ある事情でライバル会社に勤める宮本良一と結婚しました。

その人は妻に先立たれ一人娘を持つ男性でしたが、日々の小さな奇跡を見つけることが好きという、かなり朗らかな人です。

そんな良一と結婚したのは深い事情がありました。

じつは良一は・・・病に侵されていて余命が短かったのです。

自分がもし死んだら、「娘のみゆきが一人になってしまう」という思いを抱え途方にくれていました。

すると同じ業界で面識があった亜希子が偶然通りかかり呼び止めます。

仕事で顔を合わせたこともあったので、話を聞いてみると良一はみゆきの母を、そして亜希子は人恋しくて家族を求めていました。

2人が求める事情が一致したことで、仮面夫婦になることを選びました。

義母と娘のブルースで本当の家族になれる?

いざ娘のみゆきに紹介しますが、名刺を渡して自己紹介するという子供には理解できない行動だったので、変な人と思われます。

良い印象を持たれないまま、亜希子はお母さんと認めてもらうための努力を始めました。

みゆきをアスレチックに誘い、高いところに設置された丸太を渡らせます。

吊り橋効果と称して不安な状況を作ったあと亜希子が助けるというシナリオでしたが・・結果みゆきも亜希子も転倒するというさらに嫌われる状況を作ってしまいます。

ドラマでもこのシーンは真面目にやっていたので笑いました。

とにかく亜希子は色々なことをしますが、全然うまくいきません。

仕事はピカイチですが、やっぱりビジネスと子育ては違いますね。

そして2人にようやく転機が訪れました。

亜希子はみゆきが学校でいじめられていることを聞き、彼女を救うために動きます。

仕事を早めに切り上げ学校に向かい、いじめをしている大輝にみゆき自身がきちんと話すように言います。

すると大輝は、話しかけても返事もせずいつも下を向いているみゆきを励ますため、わざとちょっかいをだしていたのです。

なんて良い子なんでしょう。

この2人のやりとり、本当に癒されます。

ここからみゆきの心境がガラッと変わりました。

変な人だし死んだお母さんとは全然違うけど、とにかく何をするにも一所懸命な亜希子にみゆきはどんどん惹かれていきます。

そんな亜希子の真面目だけどありえない行動で笑ったのは、林間学校に行くというみゆきの為に作ったキャラ弁でした。

「ヨンリオのギザギザズ」というキャラ弁を作ろうとしますが、勘違いでまさかの「ヨンリオの株価チャート」を海苔で作るという天然の行動は本当すごいなと思いました。

その後ようやく母として認めてもらい家族として3人の生活が始まります。

そして亜希子と良一はいつの間にか、偽装ではなくお互い本当に好きになっていました・・。

義母と娘のブルースで感動の母娘生活

 

本当の母と娘になるまで

さほど時間は必要ではなかった。

父が残した優しさが残っていたから。

義母と娘のブルースみゆきの想い

もっと家族3人で過ごしたくて良一は病気の治療を始めます。

治療は成功したように見えましたが、残念ながら還らぬ人に・・

その後亜希子は悲しみの中、お葬式でもテキパキ動きます。

そしてみゆきも本当は悲しいはずなのに、一所懸命洗い物をするので、

「大人がするからいいよ。」

と言うと、

亜希子とは家族じゃなくなるからひとりで生きて行くために誰も頼らない。

といいます。

子供ながらに自分は亜希子と血の繋がりがないから一緒にいられないと思ったようです。

みゆきの気持ちを考えると胸が苦しくなりますね。

それを聞いた亜希子は

私は良一さんもあなたのことも愛してる

と言い、みゆきを泣きながら抱きしめます。

ようやく2人ともここで泣くことができました。

亜希子と良一の始まりは愛じゃなかったのに、いつのまにか血の繋がりでは測り知れない強い絆で家族になっていたんですね。

義母と娘のブルース亜希子の想い

良一が亡くなったあと亜希子には、いくつもの会社からスカウトの話がありましたが全て断ります。

それはすべてみゆきと一緒にいるためでした。

亜希子には働いていた頃の多額の貯金があったので、しばらくは家族としての時間を過ごすことができたのです。

そして時間はあっとゆう間に過ぎ・・みゆきは高校生になりました。

新しい生活もはじまり顔立ちも美人でモテモテでしたが、残念ながらあまり勉強ができませんでした。

ただ礼儀作法だけはきちんとしていたので、ここは亜希子と一緒に暮らすことで似たんですね。

告白されても

鋭意検討して善処する所存です

という返事をするくらい渋い性格になってしまいました。

その頃の亜希子は、株を売買するデイトレードで生計を立てていましたが、ある日ママ友にみゆきの進学について尋ねられます。

するとみゆきがこの先何になりたいのか分からないことに気づきます。

そこで食事をしている時に将来のことを聞くと、なんとノープランなことが発覚します。

しかも母がしているデイトレーダーは楽して稼げる仕事と勘違いしていました。

確かに高校生で具体的に「何がしたいか?」を答えれる子なんて、あまりいないかもしれません。

これはまずいと思った亜希子は、たまたま商店街で見たパン屋麦田のパート募集を思い出しました。

店はイマイチの雰囲気だけど、もし自分が麦田のパン屋さんを繁盛させればみゆきも仕事のやりがいというものを見つかるかも・・と思い立ち上がります。

義母と娘のブルースで感動の転職

 

何かを教えるためには

自分が実際行動してみる。

子供はその背中を追いかけることができる?

義母と娘のブルースみゆきのために仕事を再開

亜希子はパン屋のパートを始めますが、店は倒産寸前で至急立て直しが必要でした。

仕事ができる亜希子は店のためになることをどんどん提案をします。

色々言われることにうんざりする麦田でしたが、店が繁盛するなら・・と頑張ります。

そして2人で過ごすうちに麦田はだんだん亜希子が気になり始めました。

ま、そんな麦田の気持ちにはまったく気づかない亜希子ですけどね。

リサーチしたり、焼きたてのパンを出したりあらゆる手段を使いましたが、やっぱりお客さんは一度きりしか来ないのでその後は離れてしまいます。

また来て食べたいと思う魅力がなかったのです。

なぜなら麦田のパンはまずくはないけど、特に特徴のないいたって普通のパンだったからです。

ただ必死に仕事をする亜希子を見てみゆきも少しずつ心境の変化がありました。

義母と娘のブルースは奇跡的に変わる

原作ではみゆきはほとんど麦田のパン屋に係わりを持ちませんが、ドラマでは亜希子の働きをみてみゆきも一緒に、

お店にお客さんがどうやったら来てくれるか?

考えます。

亜希子はやっぱり味に問題があると思い、以前麦田の父がオーナーをしていた頃のレシピが必要と考えました。

店は引き継ぎましたがレシピをもらえなかったので、パンのクオリティはまったく上がりません。

そして原作では麦田が最初から父のレシピに頼らず最高のパンを作ろうとしますが、ドラマでは麦田のお父さんとのエピソードが丁寧に描かれていましたね。

でもみゆきは昔のパンを再現したところでお客さんは戻ってこないと言います。

それよりもワクワクするようなパン屋がいいと言うみゆきに麦田は、自分は楽しくパン作りしてこなかったことに気づきます。

まず最初に耳が美味しいパン作りから始め、そこから新しい商品を作るうちにだんだん先代の呪縛から解き放たれます。

自分の作りたい新しいパンを目指していると、レシピだけじゃわからない楽しい気持ちで仕事をすることで「新しい良いものを生む」ということを知ります。

それを麦田やみゆきは実際自分が経験してようやくわかりました。

二人とも頭で考えるより体験して納得するタイプなのでいい結果になったと思います。

今回亜希子のリサーチ力とみゆきの直感的アイデアで麦田も変わりました。

これで店もうまくいきそうです。

ようやくみゆき自身も、仕事や将来について真剣に考える良い機会になったんじゃないでしょうか?

亜希子は意識してやってないと思いますが、人を変える力があります。

本当凄い人ですね。

 

そして今後、亜希子と麦田の恋の行方が気になるところです。

原作では亜希子とみゆきの20年を描いています。

結婚・母の老後・介護まで話が盛り込まれていますが、ドラマでは10年と言っているのでみゆきが高校を卒業して大学に行くまでの話でしょうか?

血の繋がりがある父が亡くなった後、娘と義母の生活は本当にドラマがあります。

辛いこともたくさんあったと思いますが、時々笑えるシーンがあるおかげでしんみりなることがなく楽しく読めました。

こんな親子関係って素敵ですね。

created by Rinker
¥16,720 (2021/11/28 03:05:22時点 楽天市場調べ-詳細)

義母と娘のブルースのドラマを見る

dTV

「義母と娘のブルース」感動する話なのになぜかクスっと笑えるでした。

このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。