「動物のお医者さん」ハムテルが登場人物のなかで一番普通?

 

 

個性的な面々との出会いは、

今後のハムテルの人生に、

大きく影響する。

「動物のお医者さん」は佐々木倫子さんの作品で1987年から1993年まで花とゆめで連載されていました。
単行本は12巻まで発売されています。
コミック文庫や愛蔵版も人気で、累計2000万部以上の売り上げを記録しています。
2003年には俳優の吉沢悠さん主演でテレビドラマが放送されました。
  • 動物のお医者さんの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「動物のお医者さん」菱沼聖子の摩訶不思議な行動に全員唖然

「動物のお医者さん」チョビの成長は漆原教授なしでは語れない!

「動物のお医者さん」 登場人物の個性炸裂!必死過ぎる学生の日常

「動物のお医者さん」犬ぞりの魅力に取り憑かれたハムテルたち

「動物のお医者さん」シーザーが逃亡!犬ぞりレースに危険信号?

「動物のお医者さん」犬ぞり三度目の正直で優勝出来るか?

「動物のお医者さん」漆原教授が分かる破天荒なエピソードを厳選

「動物のお医者さん」 二階堂が修業へ|理想と現実が違いすぎ?

「動物のお医者さん」最終回は驚きの展開!無事に開業できる?

  • 女性向けの記事は以下のようなコンテンツもご紹介しています。

「おじさまと猫」人気の理由はふくまるの可愛さだけじゃない?

「おじさまと猫」ふくまるの健気さが毎回泣けると話題

「ちはやふる」が面白いと言われるのには3つの理由があった!

「義母と娘のブルース」で感動する話と面白さの絶妙なバランス

「義母と娘のブルース」でひろきとみゆきの恋の行方はどうなる?

「義母と娘のブルース」の原作でたどる結末と亜希子の人生


益田ミリ「すーちゃん」仕事か恋か・・本音は両方手に入れたい!

 

サイト管理人のMira.Buleと申します。

西根公輝ことハムテルは北海道にあるH大学の獣医学部に進学し、親友の二階堂とともに獣医を目指す中でさまざまな人や動物に関わります。
そこで漆原教授と出会ったことでハムテルの運命が変わりはじめますが、エピソードに入る前に主な登場人物を詳しく見ていきましょう。
今回は以下のような内容でご紹介しています。
動物のお医者さんハムテル運命的な出会い
動物のお医者さんハムテルのスナネズミの謎
動物のお医者さんハムテルと深く関わる存在
個人的な本の感想そして作品の内容を詳しく書いています。
あくまでも参考程度にご覧ください。

動物のお医者さんハムテル運命的な出会い

 

学校からの帰り道、

ここで出会うということは、

これから先ずっと関わることになる。

そんな大切な出会い。

動物のお医者さんチョビの元飼い主?

西根公輝ことハムテルと親友の二階堂は、高校生のころ近道ということもあり帰り道にいつもH大学獣医学部の構内を通っていました。
そこで変な格好をした漆原教授に出会いますが、ハムテルは突然・・
「君は将来獣医になる!」
と予言されます。
そして教授のもとから逃げ出したシベリアンハスキーの子犬をなぜか渡され、
「僕はこのカシオミニを賭けてもいい、君が賭けるのはこの子犬だ。」
むりやり飼い主にさせられます。
二階堂が般若と叫ぶほど、顔が怖かった子犬はなかなか貰い手が見つからず困っていたようです。
ハムテルの家にはにわとりのヒヨちゃんや猫のミケがいましたが、結局子犬を飼うことになりました。
ところが名前がなかなか決まりません。
すると二階堂はなぜか小さい生き物を全てチョビと呼んでいたので、その子犬を呼ぶときにも使っているといつのまにかわたしの名前はチョビだと思ってしまいます。
ハムテルは仕方なく「チョビ」と命名しますが、そもそもなぜチョビは漆原教授のもとにやってきたのでしょうか?

動物のお医者さん西根家の家族

じつはチョビは漆原教授の知人が住む家の床下で生まれましたが、産んでくれた母親はそのまま亡くなってしまいます。
その時すこし弱っていたチョビを教授は大事に育ててくれました。
同じ時期に他にも子犬を育てていましたが、なかなか飼い主が見つからなかったのでいよいよ漆原教授が家に連れて帰ろうとしたとき・・
チョビが逃げ出してしまいますが、そこでハムテルと運命的な出会いました。
 怖い顔をしていますが、じつはシベリアンハスキーのメスでかなりやさしい性格をしています。
こうして西根家の家族にチョビが加わり、賑やかになりそうですね。
では他の家族を紹介しましょう。
ヒヨちゃんはオスのニワトリで、もともとハムテルが小学校のころ鷹匠に憧れ露店で購入したのがきっかけでした。
「鷹のように強くなれ。」という想いで育てているといつのまにか、西根家で一番最強凶暴なにわとりになってしまいます。
でもそのおかげで広い庭ですがよそ者がまったく入らないのでかなり番犬がわりになっています。
そしてミケはハムテルの祖母が飼っているメス猫です。
普段気が強いですが、近所の猫たちの相談に乗ったりするなどやさしい面も見せたり、動物たちと話す時はなぜか関西弁を使うなど愛くるしいキャラクターになっています。
そして忘れてはならない西根家で一番強い存在・・それはハムテルの祖母西根タカです。

動物のお医者さんハムテルのスナネズミの謎

 

ハムテルの冷静さは、

祖母の性格と両親の育て方が、

深く関係しているのだろうか?

動物のお医者さん唯一敵わないあの人

父はピアニスト・母はオペラ歌手というハムテルの両親は現在ドイツに住んでいますが、祖母のタカは親代わりとしてハムテルのそばに居る存在です。
いつも着物姿で髪もきちんとあげているので見た目は上品な女性に見えますが、性格はハムテルとはかなり正反対です。
知人から預かった動物なのにハムテルに世話をさせたりするなど自分勝手な一面もかなりありますが、漆原教授のわがままに比べるとまだまだ可愛いほうですね。
・・そんなわけで動物の割合が高い西根家ですが、教授から貰った2匹のスナネズミがまた家族として増えます。
ところがそのスナネズミが謎のトラブルを巻きおこします。

動物のお医者さん新たな家族が増える

ハムテルといつも一緒にいる友人の二階堂は大のネズミ嫌いなので、ハムテルの家にスナネズミが来たことはとても不幸なことでしたがハムテルと二階堂がめでたくH大に合格した春・・。
2匹ともオスと聞いていたのに、なぜか子供が生まれます。
様子を見ているとなぜか2匹ともおちちをやっている姿を見て、2匹ともメス?という疑惑がわいてきました。
するとハムテルと二階堂はさまざまな仮説をたてはじめます。
  1. スナネズミは漆原教授が定期的に性転換させる研究に使われていた。
  2. 2匹ともメスでフリーのオスが住んでいて通ってくる。
  3. ハムテルが留守の時漆原教授が来てときどきネズミをとりかえていく。
    仮説はほぼ漆原教授がらみ(可能性は充分ある)ですが、結局原因が分からずじまいでした。
    そして真相がわからないままハムテルは、
    ちょっと顔が曲がってかわいくないほうがおとうさん・可愛いほうがおかあさんと名付けますが、それから数年間おかあさんではなくおとうさんが子供を産み続けました。
    というわけで結論は、おとうさんがメスでおかあさんがオスということで落ち着きました。
    謎が深まりますが、やっぱり漆原教授が取り替えに来ていたという仮説が一番あてはまるかもしれないですね。
    そんな漆原教授はどんな人なんでしょうか?
    詳しく見ていきましょう。

    動物のお医者さんハムテルと深く関わる存在

     

    これからハムテルと二階堂は、

    将来獣医になるために進みだしたばかりだ。

    教授たちがどう関わっていくのか楽しみだ。

    動物のお医者さんで一番個性的な人と親友

    漆原教授はH大獣医学部病院学の教授で、H大付属家畜病院の病院長もやっています。
    チョビがきっかけでハムテルと漆原教授は出会いますが、かなり常識はずれで破天荒な性格なので獣医学部の学生からは教授が動くと周囲はそれ以上に困るという状況でいつもヒヤヒヤされています。
    のちにハムテルと二階堂は深く教授と関わることになりますが、その話はのちほど・・。
    そしてなぜいつも変な格好をしているかというと、以前アフリカに赴任したときにアフリカの小物や雑貨に興味を持ち集めますが、多すぎて家に置き場が無くなったため大学に持ってきて使ってるのが理由でした。
    漆原教授はかなり個性的ですが、もうひとりメインで登場する教授がいます。
    それはH大獣医学部公衆衛生学の菅原教授です。
    イギリス紳士のような風貌は漆原教授に比べると、とても温厚ですが彼の研究室の壁には馬のプロマイドで埋め尽くされていました。
    それほど馬が好きという菅原教授には10数年前、うっかり馬の悪口を言ってしまった学生が単位をもらえず留年しそのあと大学も退学になりその後の人生にケチがついてしまったという伝説があるほどです。
    そんな菅原教授の公衆衛生学の講座に所属する女性の存在がありました。

    動物のお医者さんでハムテルに一番近い女性

    動物のお医者さんで登場するヒロイン菱沼聖子です。
    H大獣医学部公衆衛生学の講座に所属する大学院生ですが、人より動作や話すスピードが想像以上に遅いのでペースが独特です。
    博士課程を卒業しても就職が決まらないのでオーバードクター(研究費を自分で払って研究を続けること)として大学に残ることになります。
    その後世間は空前の人手不足だったので丸大製薬という会社に無事就職し勤め始めますが、研究もそのままやっていくため引き続き大学に通うことになります。
    彼女には面白い話がたくさんありますが、かなり衝撃だったのが盲腸で入院した時、痛さに鈍い菱沼は局所麻酔で意識を失わないままライトに写った自分の手術をずっと見ていたというエピソードがありました。
    そんな菱沼やハムテルや二階堂のお話はどれも面白くてかなり笑えますので是非動物のお医者さんの世界にハマってください。
    created by Rinker
    ¥18,392 (2021/09/23 07:15:02時点 楽天市場調べ-詳細)

    以上、

    「動物のお医者さん」ハムテルが登場人物のなかで一番普通?でした。

    このページを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。